健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

神経性大食症は体重増加や2型糖尿病などの原因に


[2011/07/29]

神経性大食症(binge eating disorder:過食症)とは、異常に大量の食物を食べる、一気に食べる、満腹を超えても食べることを意味する。

女性向け医療ウェブサイトWomenshealth.govによると、神経性大食症は、著しい体重増加に加えて、下記のような身体的、精神的な有害作用を引き起こす可能性がある:
・2型糖尿病。
・心疾患。
・高血圧。
・高コレステロール。
・うつ病や不安障害。
・ストレス上昇。
・睡眠困難。
・低い自尊心。
・自殺念慮(ねんりょ)。
(HealthDay News 7月13日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=654409
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ認知行動療法よりも簡単・安価なうつ病治療法
セ仕事依存症の人は精神障害になりやすい?
セ健康的な生活のために「目標」を定める
関連ワードで検索
神経性大食症体重増加2型糖尿病うつ病
ソ今週のアクセスランキング
1.鶏由来「イミダゾールジペプチド」1本あたり500mg配合「イミダの力」リニューアル/日本ハム
2.技術情報協会が台湾・中国・韓国のセミナー開催
3.30代以降のエステ来店客が求めるのはシミ・美白対策
4.ライフサポート「ダイエット食品【消費者庁の措置命令に基づく公示】」/国民生活センター
5.新開発「足裏温感」機能搭載、パナソニック「マッサージソファ」2機種を発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO