健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

骨量が低下しやすい人−骨減少症


[2011/07/25]

骨量(bone mass)を失うリスクにありながら本格的な骨粗鬆(しょう)症には至らない人がいる。言い換えれば、それらの人の体は、新しい骨が作り出されるよりも速いスピードで、古くなった骨が破壊されていることを意味する。医師らは、このような状況を骨減少症(osteopenia:オステオペニア)と呼んでいる。

米国家庭医学会(AAFP)は、骨減少症のリスクファクター(危険因子)として下記のようなものを挙げている:
・加齢。
・45歳前での閉経開始。
・閉経前の卵巣切除。
・身体活動の不足。
・アルコールの過剰摂取、喫煙や別の形でのたばこ使用。
・摂食障害。
・甲状腺機能亢進。
(HealthDay News 7月5日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=654230
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ワードで検索
骨減少症、骨量、閉経、卵巣切除、摂食障害、甲状腺機能亢進
ソ今週のアクセスランキング
1.カタログのQRで即時決済!物販支援決済サービスの提供を開始/凸版印刷
2.「潤(うるり)」に美白クリームと肌あれ・にきびケアの保湿ジェルを追加発売/カネボウ化粧品
3.藻類由来DHAオメガ3の補給により学齢期の児童の睡眠持続が向上/エデルマン・ジャパン
4.簡単・もちもち・栄養up! カナダ産オーツ麦から生まれた「ライスオーツ」を新発売/スタースーパーフーズ・インターナショナルジャパン
5.食品添加物の乳化剤が大腸がんに関連 ―マウス研究
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO