健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

骨量が低下しやすい人−骨減少症


[2011/07/25]

骨量(bone mass)を失うリスクにありながら本格的な骨粗鬆(しょう)症には至らない人がいる。言い換えれば、それらの人の体は、新しい骨が作り出されるよりも速いスピードで、古くなった骨が破壊されていることを意味する。医師らは、このような状況を骨減少症(osteopenia:オステオペニア)と呼んでいる。

米国家庭医学会(AAFP)は、骨減少症のリスクファクター(危険因子)として下記のようなものを挙げている:
・加齢。
・45歳前での閉経開始。
・閉経前の卵巣切除。
・身体活動の不足。
・アルコールの過剰摂取、喫煙や別の形でのたばこ使用。
・摂食障害。
・甲状腺機能亢進。
(HealthDay News 7月5日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=654230
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ワードで検索
骨減少症、骨量、閉経、卵巣切除、摂食障害、甲状腺機能亢進
ソ今週のアクセスランキング
1.ファイテン独自技術の素材に関する医科学的な研究成果を発表
2.歩行速度の低下は認知障害のサイン?
3.スーパーフードのピザとサラダを発売/フォーシーズ(PIZZA-LA)
4.健康食品の電話勧誘販売している3事業者に業務停止命令(3か月)/消費者庁
5.イズミヤ株式会社及び株式会社牛肉商但馬屋に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO