健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

X線検査による放射線被爆を最小限に抑える


[2011/07/15]

転倒後に痛む腕や光沢のある歯の内部のより良い画像が必要な場合には、医療上ある程度のX線検査は必要となる。

ただし、X線検査の価値は明らかではあるが、同時に放射線に被曝することも意味する。

米国食品医薬品局(FDA)は、放射線への不要な被爆を最小限にするために、下記のようなガイドラインを提供している:
・X線検査が自分にとってどのように有益かを調べる。医療上必要なX線検査を拒否してはいけない。
・その一方で、医師が不要という場合は強要してはいけない。
・妊娠しているか、またその疑いがある場合は、撮影前に技師に伝える。
・X線防護衣をつけられるかどうか確認する。
・低線量X線が利用できないか確認する。
・X線検査の頻度を監視するために自分の検査履歴をリストにする。
(HealthDay News 6月28日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=654004
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ新しい放射線療法で前立腺がんの治療期間短縮
セ放射線を用いないがん検査に期待
セ男性乳癌(がん)の危険因子
関連ワードで検索
放射線被爆放射線X線
ソ今週のアクセスランキング
1.健康経営に優れた上場会社22社「健康経営銘柄」を発表/経済産業省
2.ライフサポートに対する景品表示法に基づく措置命令等について/消費者庁
3.薬事法施行規則第12条第1項に規定する試験検査機関について/厚生労働省
4.ライフサポート「ダイエット食品【消費者庁の措置命令に基づく公示】」/国民生活センター
5.家庭用医療機器 訪問販売業者に業務一部停止命令/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO