健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

救急セットの装備


[2011/07/08]

緊急時には、中身の充実した救急セットの備えがあると大きな助けになる。家庭や車の中、職場に装備し、ハイキング、サイクリング、キャンプ、ボート遊びなどに出かける時には、すぐに使用できるように手元に置いておくとよい。

救急セットを購入する際や、自分で装備する際には、必要なものが全て間違いなく含まれていることを確認する。米国赤十字社(ARC)は、救急セットに含めるものとして次のようなものを推奨している:消毒用軟膏、毛布、冷湿布、使い捨て手袋、各種のバンドエイド、粘着テープ、ガーゼ、包帯、三角巾、ハンドクリーナー、ビニール袋、はさみ、ピンセット、小型の懐中電灯と予備の電池、活性炭など。

治療薬や緊急連絡先の電話番号、その他担当医が勧めるものなど、個人的に必要なものも忘れないようにする。定期的にキットを確認する。懐中電灯の電池は使えるかどうかの確認。使用期限をチェックし、すでに使用済みのものや期限切れのものは交換する。救急セットは、子どもの手が届かない、安全な場所に保管する。

(HealthDay News 6月22日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=654019

Copyright c 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ救急救命士の暴行被害リスク、消防士の14倍
セ薬の飲み飛ばしで高まる救急受診率
セ航空機内の救急600フライトに1件発生
関連ワードで検索
救急装備バンドエイド粘着テープ三角巾包帯
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
3.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.自己の血液で作る即効型次世代注入剤「PPP」を治療メニューに導入
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO