健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

簡便な唾液検査で”実年齢”の検出が可能


[2011/07/07]
簡便な唾液検査で”実年齢”の検出が可能

唾液の検体を用いて5歳以内の誤差で人の年齢を予測する新しい検査法が、犯罪の解決や患者ケアの改善に有用であることが、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の遺伝学者によって報告された。この検査はDNAを作る4つの構成要素の1つの化学的修飾であるメチル化(methylation)というプロセスに着目したもの。

研究責任者であるUCLA人類遺伝学・小児科学・泌尿器学教授のEric Vilain博士らは、21〜55歳の男性の一卵性双生児34組の唾液検体を分析し、DNAでメチル化と年齢を強く結びつける部位88箇所を同定した。同氏らはこの知見を、一般集団の18〜70歳の男性31例、女性29例で再現した。

次に、メチル化と最も強く加齢に関連したつながりを持つ3つの遺伝子のうち2つを用いる予測モデルを作製し、双生および他の群の人から得た唾液検体のデータを挿入すると、5歳以内の誤差で正確に年齢が予測された。Vilain氏は「メチル化のパターンは加齢に伴って変化し、加齢に伴う疾患に関与する。医師は特定の疾患リスクを予測し、DNAの真の生物学的年齢(biological age)をもとに治療を個別化することができる」と述べている。

研究著者である元UCLA遺伝学者のSven Bocklandt氏は、「メチル化と年齢の関係は非常に強いため、30億あるゲノムの構成要素の2つのみを調べれば、年齢を特定できる」と述べている。医師がこの検査を用いて、患者の加齢に伴う疾患リスクを評価することも、警察が犯行現場のコーヒーカップやたばこなどの唾液の痕跡を調べて容疑者の年齢を知ることもできるという。研究結果は、オンライン医学誌「PLos One」に6月22日掲載された。(HealthDay News 6月22日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=654177

Copyright c 2011 HealthDay. All rights reserved.

http://www.plosone.org/article/info:doi/10.1371/journal.pone.0014821

つぶやく
関連ニュース
セ化粧品の臨床検査、モニタリングを行う企業の子会社化について/東洋ビューティ
セ血液検査で肺がん再発を検出、画像検査より数カ月早い可能性
セニュートリーから大腸検査用の検査食「サンケンクリン」の営業権を取得/キユーピー
関連ワードで検索
検査唾液年齢検出メチル化
ソ今週のアクセスランキング
1.人体への抗酸化能について「水素サンゴパウダー」のヒト臨床試験を開始!/炭プラスラボ
2.「非加熱コールドプレス製法」のスーパーフード飲料を発売/フルッタフルッタ
3.新素材営業本部を新設〜CNF、ミネルパなど、事業化推進・拡販へ新体制〜/日本製紙
4.アロニア×亜麻仁油の美容サプリを発売/オルビス株式会社
5.生まれついて「コーヒー愛飲者」になる遺伝子
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO