健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

夜間勤務は女性の2型糖尿病リスクを高める


[2011/07/06]
夜間勤務は女性の2型糖尿病リスクを高める

夜間に働くことの多い女性では2型糖尿病発症オッズが高いことが、新しい研究で示唆され、米サンディエゴで開催された米国糖尿病協会(ADA)年次集会で発表された。

女性のみを対象とした今回の研究では、夜間シフト勤務に従事した年数が多いほど影響が強く、肥満について調整してもそれは変わらなかった。米ハーバード大学公衆衛生学部(ボストン)のAn Pan氏は、「今回の結果は、夜間勤務に長く従事すると、2型糖尿病リスクがわずかに(modestly)上昇することを示唆しており、この関連性は主にボディー・マス・インデックス(BMI)を介していると思われる」と述べている。

以前の研究で、夜勤は概日(サーカーディアン)リズムを混乱させることが示唆されており、このような仕事は以前から、肥満や“メタボリック・シンドローム”と呼ばれる一連の心血管リスクファクター(危険因子)、血糖の調節異常と関連付けられていた。今回の研究で、Pan氏らは、看護師健康調査(NHS)の一部として1998年から2008年まで追跡した米国人女性6万9,000人以上のデータを検討。研究期間中にほぼ6,200人が2型糖尿病を発症した。

最初の登録時に、被験者に夜間勤務(月3回以上の夜勤など)に従事していた期間を尋ねた。研究の結果、2型糖尿病の発症リスクは、夜間勤務に従事した期間が長いと増大することが判明した。肥満について調整後、糖尿病リスクは、3〜9年間定期的に夜勤に従事した女性では6%、10〜19年間の場合は9%、20年以上の場合は20%上昇した。夜間勤務に関連する2型糖尿病リスク増大の一部は体重増加により説明がついたが、すべてではなかった。

専門家は、学会発表された研究が通常、ピアレビューされた医学誌に掲載されるまで予備的なものとみなされることを指摘している。(HealthDay News 6月27日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=654210

Copyright c 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ人工芝の「薄さ」により高校スポーツ選手の負傷リスクが上昇か
セ全粒穀物をよく食べる人は早期死亡リスクが20%低い
セ不況時にはアルコールで男性の自殺リスクが上昇
関連ワードで検索
2型糖尿病リスク夜勤
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.ヘアを蘇らせる”炭酸トリートメント”機器を美容室向けに新発売
4.目もとと頬を輝きで彩るアイカラー、チークカラー新発売
5.三重県産の本真珠を溶かし込んだ美容酢
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO