健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

世界的規模で糖尿病が急増、成人糖尿病患者数は推定3億4,700万人に


[2011/07/04]
世界的規模で糖尿病が急増、成人糖尿病患者数は推定3億4,700万人に

過去30年で成人糖尿病患者の数は2倍以上になり、1980年の1億5,300万人から2008年には3億4,700万人まで急増したことが英米の新しい研究で示され、米サンディエゴで開催された米国糖尿病協会(ADA)年次集会で発表されるとともに、英医学誌「Lancet(ランセット)」オンライン版に6月25日掲載された(印刷版は7月2日号掲載)。また、米国の糖尿病発生率は西欧の2倍の速度で上昇しつつあるという。この知見は、さまざまな国の25歳以上の居住者270万人から採取した血液検体の分析に基づく。

英インペリアル・カレッジ・ロンドンのMajid Ezzati教授は、「今回の研究は、世界中ほぼどこででも糖尿病がより一般的になりつつあることを示している。糖尿病は他の疾患に比べて予防や治療がはるかに難しい」という。同氏らは、糖尿病が腎臓や神経、眼に損傷を与える一方で、心疾患や脳卒中の引き金になりうると警告している。合併症は、疾患の発生率上昇に伴い増加することが予想される。

Ezzati氏は米ハーバード大学公衆衛生学部(ボストン)のGoodarz Danaei博士らとともに、12〜14時間の絶食後に採取した血液検体を用いて空腹時血糖値を測定し、精査した。その結果、糖尿病発生率および空腹時血漿グルコース(FPG)濃度は米国、グリーンランド、マルタ、ニュージーランド、スペインで最も高く、オランダ、オーストリア、フランスで最も低かった。英国における糖尿病有病率は他の多くの裕福な国よりも著しく低く、男性の糖尿病発生率は5番目、女性は8番目に低かった。

ただし、世界的には、糖尿病を有する男性の割合は過去30年間で18%上昇した(1980年8.3%→2008年9.8%)。女性のほうが急増しており、同期間に23%上昇した(同7.5%→9.2%)。近年、糖尿病が広がっている国としては、マーシャル諸島(女性の3分の1、男性の4分の1が糖尿病)などの太平洋諸島の国々とサウジアラビアがあった。糖尿病とグルコース濃度は南・中央アジア、ラテンアメリカ、カリブ海諸国、北米、中東で特に高かった。

一方、西欧の糖尿病発生率は過去30年間安定していると思われたが、血糖値はサハラ以南のアフリカ、東アジア、東南アジアで最も低かった。Danaei氏は「血糖値が高い人を検出し、食事の改善や運動量の増加、体重管理を助けるよりよいプログラムがなければ、糖尿病が世界中の医療制度に大きな負担をかけ続けることは避けられない」と述べている。(HealthDay News 6月25日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=654309
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ全国の調剤薬局で買える砂糖未使用チョコレートが糖尿病患者に人気 本格販売を開始/Corso Life
セ横浜・みなとみらい21で新研究所の起工式を実施 /資生堂
セ糖尿病患者では結婚により過体重リスクが低下
関連ワードで検索
糖尿病増加研究
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
3.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.自己の血液で作る即効型次世代注入剤「PPP」を治療メニューに導入
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO