健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

心臓発作時の死に対する恐怖は事態を悪化させる


[2011/06/17]
心臓発作時の死に対する恐怖は事態を悪化させる

心臓発作患者で、発生時または発作後数日間、死を非常に恐れる患者では、さほど恐怖感を抱かない患者に比べて、長期的な悪化をもたらす指標である炎症が増大することが、英国の小規模研究で示唆された。

英ロンドン大学(UCL)のAndrew Steptoe氏らは、18カ月間に急性冠症候群(ACS)のためセント・ジョージ病院(ロンドン)を受診した208例を評価。入院中、被験者に死の恐怖について尋ねると同時に、炎症の誘発に関与する腫瘍壊死因子(TNF)の血中濃度も測定した。3週間後、被験者の自宅を訪ね、心拍変動と唾液中のストレスホルモンであるコルチゾール値を測定した。

その結果、5例中1例が極度の苦悩と死の恐怖を感じたことを報告し、3分の2では中等度以上の情動的反応がみられた。若齢、貧困、結婚していない(おそらく社会的孤独を示す)人のほうが強い反応を示す可能性が高かった。入院時に死の恐怖を感じた被験者ではTNF値が4倍上昇していた。3週間後、TNF値は心拍変動およびコルチゾール値の低下と関連することが判明した。

心拍変動の低下は、心臓発作後のより高い死亡率と関連していたが、低コルチゾール値は身体が心臓発作による炎症を抑えられないことを示している可能性が考えられた。なお、心臓発作の既往は患者の恐怖には影響しなかった。研究結果は、欧州心臓病学会(ESC)誌「European Heart Journal」オンライン版に6月1日掲載された。

今回の研究では、約23%の患者が3週間後に脱落し、女性がほとんど含まれていなかったこと、大多数の患者がSTEMI(ST上昇型心筋梗塞)を有しており、今回の知見が非STEMI心臓発作にはあてはまらない可能性があることなどいくつかの限界がある。また、精神的苦痛が生物学的所見を引き起こすのかその逆なのかという、いわゆる“ニワトリと卵”の問題も解明されていない。(HealthDay News 6月1日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=653504
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ横浜・みなとみらい21で新研究所の起工式を実施 /資生堂
セオメガ3脂肪酸で致死的な心臓発作リスクが低減か
セ「理研BSI-花王連携センター」を開設/花王
関連ワードで検索
心臓発作危険因子研究
ソ今週のアクセスランキング
1.朝のトマトジュースが機能性成分「リコピン」が効率的に吸収されることを「ヒト試験」で確認/カゴメ
2.鶴ヶ島市 ふるさと納税 返礼品で好評の「サフラン配合コスメ」製造販売を開始/フッカーコスメチックス
3.ワイルドローズの優美な香りのバスソルト「クナイプ グーテバランス バスソルト ワイルドローズの香り」発売
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.皮脂バランスが整っていない人向けの美容クレンジングリームを新発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO