健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

哺乳類の脳は嗅覚強化のために発達


[2011/06/01]
哺乳類の脳は嗅覚強化のために発達

優れた嗅覚の必要性がヒトやその他の哺乳類の大きな脳の発達に有用であったことが、科学者らによって示唆された。また、毛皮(fur)を介した触覚も哺乳類で急速に発達し、哺乳類の脳の進化をもたらした可能性があるという。

米カーネギー自然史博物館(ピッツバーグ)のZhe-Xi Luo氏らは、高分解能CTスキャンを用いて、既知の最古の哺乳類である1億9,000万年前のモルガヌコドン(Morganucodon)とハドロコディウム(Hadrocodium)という2種類の頭蓋骨の化石を調べた。その結果、これらの小さな生き物は予想よりもはるかに大きな脳を持つことが判明した。

Luo氏は「今回の研究は、これら初期の哺乳類では脳の嗅覚部分と毛皮を介した触覚に関係する部分が大きくなっていることを明確に示している。研ぎ澄まされた嗅覚と触覚は、われわれの進化の歴史の最も初期に哺乳動物が生存・繁栄するために極めて重大であった」と述べている。

同氏はまた、「われわれ哺乳類の祖先は思考するためではなく、嗅覚および触覚のためにより大きな脳を発達させた。しかし、この進化のおかげで、哺乳類は大きな脳を発達させる頭部を持ち、約1億9,000万年後の人類は自然史や進化のまさにこういった疑問について考えることができる」と述べている。研究結果は、米科学誌「Science(サイエンス)」5月20号に掲載された。(HealthDay News 5月19日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=653027
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ毎日少量のアルコールで脳卒中リスクを低減か
セヒトが賢く進化したのは「脳が大きくなったから」だけではない
セ催眠にかかったときに脳内で起きること
関連ワードで検索
嗅覚?
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
4.三重県産の本真珠を溶かし込んだ美容酢
5.肌にうれしい紫外線対策アイテムを新発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO