健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

未使用の処方薬を家庭から処分するイベント


[2011/05/11]
未使用の処方薬を家庭から処分するイベント

米国麻薬取締局(DEA)の全米処方薬回収デー(National Prescription Drug Take-Back Day)の一環として、4月30日に全米4,700かカ所以上において未使用の処方薬の返却・回収が行われた。

このフリーイベントで、人々は自宅の薬箱(medicine cabinet)に放置しておくと、盗難にあったり誤使用されたりする可能性のある、有効期限の切れた未使用の不要な処方薬を安全に処分できる。DEAウェブサイト(www.dea.gov)の“Got Drugs?”バナーをクリックすれば、郵便番号、市または郡で最寄りの回収場所を検索することができる。

「2009年薬物使用と健康全国調査(NSDUH)」では、コカイン、幻覚薬とヘロインの併用よりも処方薬を乱用する米国人のほうが多いことが報告されており、家族や友人からの薬剤入手の多いことが示されている。昨年(2010年)は、政府や地域共同体、公衆衛生当局および法執行パートナーが管理する4,100カ所で、24万2,000ポンド(約110トン)以上の処方薬が回収された。

DEA局長のMichele Leonhart氏は、「昨年DEAが初めて行った全米での回収イベントは、家庭から有害となりうる処方薬を排除するだけでなく、増大しつつある処方薬乱用の問題について人々に教育する前例のない機会をもたらした。研究によると、乱用に当たって処方薬が最初の薬剤となる人は多く、たいていの場合、それで終わりとはならない。我々が期限切れの未使用かつ不要な薬剤を薬箱から排除させ、自宅の安全を維持するよう呼び掛けるのはそのためである」と述べている。(HealthDay News 4月29日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=652214
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律違反業者に対する行政処分(業務停止)について/東京都
セ健康食品テレビ販売で初めて返金を指示/消費者庁
セ患者が希望する薬剤に対し医師が「ノー」と答える方法は多数ある
関連ワードで検索
処方薬処分全米処方薬回収デー
ソ今週のアクセスランキング
1.インドネシアの自然派食品「モリンガ」等 3製品を新発売/協同食品
2.日本サプリメント株式会社に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
3.2/2 機能性表示食品の届出情報(スヤリスト[銀座ステファニー]等 追加4製品を公表)/消費者庁
4.5/26 機能性表示食品の届出情報(富山のグルコサミン 七転び八起き[富山常備薬グルー])等 追加8製品を公表/消費者庁
5.風邪のつらさで眠れないとき
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO