健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

単核細胞症と日光不足が多発性硬化症リスクを高める可能性


[2011/04/28]
単核細胞症と日光不足が多発性硬化症リスクを高める可能性

多くの大学生を悩ます、蔓延しやすいウイルスによる伝染性単核細胞症(mononucleosis)と日光への曝露がほとんどないケースの組み合わせが、多発性硬化症(MS)の発症リスクを高める可能性が、新しい研究によって示唆された。

研究著者の英オックスフォード大学のGeorge C. Ebers博士は、多発性硬化症は高緯度の地域に多く、日光曝露量が少ないといった環境因子と伝染性単核球症の既往に関係することから、英国における多発性硬化症の分散(variance)の説明におけるこの2つの組み合わせの有用性を検討した。

同氏らは、7年間にわたる英国国民保険サービス(NHS)所属病院への入院データを調べ、多発性硬化症5万6,681例と伝染性単核球症1万4,621例に注目した。また、英国の紫外線レベルに関する米国航空宇宙局(NASA)の統計も検討した。その結果、日光曝露量および単核細胞症ウイルスに対する曝露によって全英の多発性硬化症レベルの差のほぼ4分の3を説明できることが判明した。日光曝露のみでは全分散(total variance)の61%を説明できた。

Ebers氏は「ビタミンD欠乏が、多発性硬化症に関係するエプスタイン-バー(EB)ウイルスに対する異常反応をもたらす可能性がある。紫外線B波(UVB)曝露量の増加、またはビタミンDサプリメントの使用、EBウイルスに対して考えられる治療やワクチンが多発性硬化症例の減少につながるかどうかはさらに研究が必要である」と述べている。

研究結果は、医学誌「Neurology(神経学)」オンライン版に4月19日掲載された。(HealthDay News 4月18日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=652009
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ徹夜・交代勤務は十代の若者に多発性硬化症リスクをもたらす
セ日本初のビタミンD3液体カプセルサプリメントを新発売
セ多発性硬化症とともに生きる
関連ワードで検索
ビタミンD多発性硬化症単細胞症紫外線曝露
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
3.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.働く女性の髪の悩みが大きく変化する年代は?
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO