健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

プロバイオティクスを用いた尿路感染症の新しい治療法


[2011/04/25]
プロバイオティクスを用いた尿路感染症の新しい治療法

慢性尿路感染症は多くの女性にみられるが、プロバイオティクス(健康に有益な生きた微生物)を用いた新しい治療法によって、症状緩和が一定度持続可能であることが予備的研究で示された。

尿路感染症は再発性が高く、全女性の2〜3%に認められる。再発したケースでは膣内常在菌が変化し、健康な膣内で優勢なLactobacillus crispatus(ラクトバチルス・クリスパータス)が減少している傾向がある。L. crispatusが存在しない状態では有害な細菌の増殖が可能となるため、この枯渇は痛みを伴う尿路感染症の危険因子であることが指摘されており、細菌の補充の有用性が示唆されている。これがプロバイオティクスを用いる理論的根拠であるという。

今回の第2相試験で、米マイアミ大学ミラー医学部臨床医学教授のThomas M. Hooton博士らは、抗生物質によって再発性尿路感染症が認められた女性100例を対象に、L. crispatus膣内投与プロバイオティクス群または不活性プラセボ群のいずれかに無作為に割り付けた。

プロバイオティクスまたはプラセボによる治療を連続5日間実施し、その後は週1回、10週間行った。治療後、尿路感染症の再発が1回以上認められたのはプロバイオティクス群7例(15%)、プラセボ群13例(27%)であった。研究結果は、医学誌「Clinical Infectious Diseases(臨床感染症)」オンライン版に4月15日掲載された。

Hooton博士は「われわれが直面している尿路感染症の問題は、抗生物質抵抗性(antibiotic resistance)であるため、感染予防および治療のために抗生物質を使用しない方法を開発する必要性に迫られている。今回の結果は有望であるが、最終的な結論になるほど強力ではない」と述べ、さらに多くの試験を要することを指摘している。

米レノックスヒル病院(ニューヨーク)のJennifer Wu博士は、「今日、抗生物質抵抗性が増加しつつあるため、尿路感染症予防に役立つ新しい方法が見つかれば、本当に有用である」と述べている。別の専門家は、「今回の研究は、これらの慢性再発性感染症患者を助ける新しい治療法として希望をもたらすものである」と述べている。(HealthDay News 4月15日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=651959
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ「特定研究開発等計画」の認定について/一丸ファルコス
セヨーロッパ初の研究拠点「 研究所 フランス分室 」 をリヨンに設置/コーセー
セ健康研究に対する企業の関与に消費者は懐疑的 ―米調査
関連ワードで検索
尿路感染症プロバイオティクス治療法研究
ソ今週のアクセスランキング
1.日本通信販売協会新会長にファンケル宮島会長が正式就任
2.ローヤルゼリーとマンゴスチンの美肌ドリンクなど2品を販売開始/ブルボン
3.来春導入予定の新食品機能表示制度に要望/JADMA
4.高周波温熱機器が医療機器承認
5.日本通信販売協会が第28回通常総会を開催
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO