健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

肥満児の手首サイズが心血管疾患を予測


[2011/04/21]
肥満児の手首サイズが心血管疾患を予測

過体重または肥満の小児やティーンでは、手首のサイズによって心血管疾患の発症リスクが高いかどうかが判明することが、新しい研究によって示された。

イタリア、ローマ大学サピエンツァSapienza校のRaffaella Buzzetti博士らは、平均年齢10歳の過体重または肥満の小児477人の手首周囲長を測定した。また、小児約50人に対して無痛の核医学画像技術を用いて手首の脂肪および骨領域(area)をさらに正確に測定した。その後、血液検査を実施し、インスリン濃度とインスリン抵抗性度を測定した。

研究の結果、同氏らは、手首周囲長はインスリン抵抗性の全分散(total variance)の12〜17%を説明すると結論付けた。インスリン抵抗性は、心血管疾患の既知の危険因子(リスクファクター)である。最近の研究では、血中インスリン濃度高値と骨量増加との関連が示されている。

Buzzetti氏は「これは、手首周囲長がインスリン抵抗性のエビデンス(科学的根拠)と強く相関していることを示す初めてのエビデンスである。手首周囲長は容易に測定することができ、今回の結果が今後の研究で追認されれば、いつの日かインスリン抵抗性および心血管疾患リスクの予測に使用できる」と述べている。同氏らは、インスリン抵抗性を説明するのは手首の脂肪組織でなく骨組織であるとしている。

研究結果は、医学誌「Circulation(循環器)」4月11日号に掲載された。(HealthDay News 4月11日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=651740
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ横浜・みなとみらい21で新研究所の起工式を実施 /資生堂
セ「理研BSI-花王連携センター」を開設/花王
セ「Tie2・リンパ・血管研究会」の第一回学術集会を開催
関連ワードで検索
肥満児心血管疾患研究
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.緑イ貝にアスピリンより強力とのエビデンス
3.機能性表示食品の減塩ロースハム、ハーフベーコンを発売/日本ハム
4.悪性度リンパ腫の遺伝子療法で有望性
5.3/16 機能性表示食品の届出情報(歩くチカラ[ハルメク]等 追加5製品を公表)/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO