健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

魚油サプリメントが癌(がん)患者の筋喪失や栄養不良を予防


[2011/03/07]
魚油サプリメントが癌(がん)患者の筋喪失や栄養不良を予防

癌(がん)化学療法を受けている患者にみられる筋喪失(muscle loss)や栄養不良を、オメガ-3 脂肪酸を含有する魚油サプリメントの摂取で予防できる可能性のあることが新しい研究で示された。

この知見は肺癌患者40例を対象とした小規模研究から得られたものだが、化学療法による筋喪失が原因で生じる疲労や予後不良、生活の質(QOL)低下の予防に、簡便かつ非侵襲的な介入が有用であることを示唆するものである。研究は医学誌「Cancer(癌)」オンライン版に2月28日掲載された。

カナダ、アルバータ大学(エドモントン)のVera Mazurak博士らは、10週間の初回癌化学療法を受けた癌患者16例に、オメガ-3脂肪酸の一つであるエイコサペンタエン酸(EPA)2.2g/日を投与した。これらの患者には化学療法期間中、魚油サプリメントを投与し、魚油を投与しない24例を対照群として比較した。

筋肉や脂肪量を連続的に測定した結果、魚油非投与群では体重が平均5ポンド(約2.3kg)強減少したが、魚油投与群では減少しなかった。血液分析では、血中EPA濃度が最も上昇した魚油群では筋肉量増加が最も大きかった。特に魚油群の70%近くでは化学療法開始前の筋肉量が維持されるか増加したが、非投与群で最初の筋肉量が維持されたのは30%未満であった。魚油サプリメントは総脂肪組織量の測定値(total fat tissue measurement)には影響を与えず、副作用は認められなかった。

Mazurak氏は「魚油は進行癌において変容した(シグナル伝達)経路の一部に干渉し、体重減少や筋喪失を予防する可能性がある。現在、癌関連の栄養不良に対する有効な治療法がないため非常に有望である」という。同氏らは「魚油補充は癌患者の栄養不良予防の安全かつ有効な方法と思われ、やはり筋喪失リスクが大きい高齢者などにも有益であり得る」としている。

米テキサス・サウスウェスタン大学(ダラス)登録栄養士/臨床栄養学助教授のLona Sandon氏は「栄養不良は化学療法や放射線療法を受けた癌患者では大きな問題である。代謝面で非常に活性的でエネルギー貯蔵を消費する癌自体により消耗を来し、さらに化学療法により筋肉破壊が生じるため、心臓や筋肉に有害な炎症が生じる。脂肪のない筋組織の維持はより良いアウトカム(転帰)につながる。ただし、多量の魚油の摂取を開始すべきではない」と述べている。(HealthDay News 2月28日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=650323
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ「データヘルス・予防サービス見本市 2016」申込受付開始/厚生労働省
セカルシウムサプリメントで高齢女性の認知症リスクが上昇する可能性
セ「平田農園サプリメント」の卸を本格的に開始/タキザワ製薬
関連ワードで検索
魚油サプリメント予防栄養不良
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.ヴィーナスモードのテレビ放送が2011年1月よりスタート
4.エステティック ミスパリより、足痩せサプリ発売
5.目もとと頬を輝きで彩るアイカラー、チークカラー新発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO