健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

医師の診察を要する筋肉痙攣(けいれん)


[2011/02/25]

筋肉の痙攣(けいれん)は強い痛みを伴うことがあるが、通常は深刻な状態を示すものではない。

しかし、それがすべてに当てはまるわけではない。米国整形外科学会(AAOS)は、下記のような徴候がある場合は、直ちに医師に連絡すべきであるとしている:
・痙攣がひどくなる。
・痙攣が頻繁に起こる。
・痙攣が治療に反応しない。
・痙攣の原因が運動など明らかなものではない。
(HealthDay News 2月10日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=649561
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ金(キン)曜日の29(ニク)日を 「筋肉を考える日」として制定/森永製菓
セ製薬企業から医師への金品はがん治療薬の選択を左右するのか
セ着圧タイツでランニング中の筋肉疲労は軽減しない
関連ワードで検索
筋肉痙攣治療徴候
ソ今週のアクセスランキング
1.「美肌プログラム」を開発し花王と共同展開/メドピアグループ
2.ライジング / 保湿と肩凝りの改善が同時に行える「エミューオイル」を発売
3.景品表示法に導入される課徴金制度に関する説明会(事業者等向け)の開催について/消費者庁
4.ファンケル×日本製粉 栄養価の高い発芽米を配合したパスタを開発
5.海洋由来成分にこだわった新ベーシックスキンケアライン「プレディア」発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO