健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

医師の診察を要する筋肉痙攣(けいれん)


[2011/02/25]

筋肉の痙攣(けいれん)は強い痛みを伴うことがあるが、通常は深刻な状態を示すものではない。

しかし、それがすべてに当てはまるわけではない。米国整形外科学会(AAOS)は、下記のような徴候がある場合は、直ちに医師に連絡すべきであるとしている:
・痙攣がひどくなる。
・痙攣が頻繁に起こる。
・痙攣が治療に反応しない。
・痙攣の原因が運動など明らかなものではない。
(HealthDay News 2月10日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=649561
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ老化治療の最前線を走る博士が、都内で来日講演
セ鍼治療で重症の便秘が軽減か
セ心疾患治療薬の開発スピードが減速
関連ワードで検索
筋肉痙攣治療徴候
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.ほうれん草由来のスーパーフード「チラコイド」販売開始/チラコイド
3.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
4.ヤクルト薬品、ガラクトオリゴ糖「オリゴメイト」が米国FDAから「GRAS物質」の認証を取得
5.軟骨と筋肉に役立つ食品成分の組み合わせが中高年の通常歩行速度を上昇させることを確認/サントリーウエルネス
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO