健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

医師の診察を要する筋肉痙攣(けいれん)


[2011/02/25]

筋肉の痙攣(けいれん)は強い痛みを伴うことがあるが、通常は深刻な状態を示すものではない。

しかし、それがすべてに当てはまるわけではない。米国整形外科学会(AAOS)は、下記のような徴候がある場合は、直ちに医師に連絡すべきであるとしている:
・痙攣がひどくなる。
・痙攣が頻繁に起こる。
・痙攣が治療に反応しない。
・痙攣の原因が運動など明らかなものではない。
(HealthDay News 2月10日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=649561
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ製薬企業から医師への金品はがん治療薬の選択を左右するのか
セ着圧タイツでランニング中の筋肉疲労は軽減しない
セ油性造影剤での卵管造影が不妊治療に有用
関連ワードで検索
筋肉痙攣治療徴候
ソ今週のアクセスランキング
1.100円(税抜)のトクホ 炭酸水を発売/セブン&アイ・ホールディングス
2.油性造影剤での卵管造影が不妊治療に有用
3.ファイテン独自技術の素材に関する医科学的な研究成果を発表
4.履くだけでむくみケアする段階圧力ソックスの新タイプ
5.メイプロインダストリーズ / 丸紅との資本提携で原料および米国市場で販売している健康食品を世界のマーケットに拡販
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO