健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

医師の診察を要する筋肉痙攣(けいれん)


[2011/02/25]

筋肉の痙攣(けいれん)は強い痛みを伴うことがあるが、通常は深刻な状態を示すものではない。

しかし、それがすべてに当てはまるわけではない。米国整形外科学会(AAOS)は、下記のような徴候がある場合は、直ちに医師に連絡すべきであるとしている:
・痙攣がひどくなる。
・痙攣が頻繁に起こる。
・痙攣が治療に反応しない。
・痙攣の原因が運動など明らかなものではない。
(HealthDay News 2月10日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=649561
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ老化治療の最前線をテーマに2トップが講演
セ心疾患治療の鍵はコミュニケーションと信頼
セ低脂肪食により高額ながん治療薬の吸収率が向上する可能性
関連ワードで検索
筋肉痙攣治療徴候
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.『雪肌精 MYV コンセントレート トリートメント』発売/コーセー
3.薬事法施行規則第12条第1項に規定する試験検査機関について/厚生労働省
4.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
5.インターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示に対する要請について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO