健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

抗精神病薬の使用は統合失調症患者の脳組織喪失につながる


[2011/02/16]
抗精神病薬の使用は統合失調症患者の脳組織喪失につながる

統合失調症治療における抗精神病薬の使用は、わずかではあるが無視できない量の脳組織の喪失(brain tissue loss)に関連することが、新しい研究によって明らかにされた。

米アイオワ大学カーバーCarver医学部(アイオワシティ)精神医学のBeng-Choon Ho氏らは、統合失調症患者211例を対象に、7.2年間に平均3回、計674回の脳MRIスキャンを実施した。その後、罹病期間、疾患の重症度、薬物乱用、抗精神病薬投与という4つの因子による脳容積の長期的な変化を検討した。

研究の結果、より長い罹病期間および抗精神病薬投与はいずれも脳組織の喪失に関連していた。抗精神病薬が高用量になると、脳組織全体の喪失がみられ、灰白質が減少し、白質は徐々に減少した。疾患重症度と薬物乱用は脳組織の変化とほとんど、あるいはまったく関連していなかった。

同氏らは、「抗精神病薬は脳組織の喪失を引き起こすが、長期投与のベネフィット(便益)はリスクを上回る。ただし、今回の知見は、症状の管理に必要な最低用量(minimal amount)を処方することの重要性を示している」としている。この知見は、双極性障害やうつ病など、統合失調症以外の精神面の健康に問題がある患者に対する抗精神病薬処方にも懸念をもたらす。

付随論説の著者である別の専門家は「この知見を、統合失調症治療における抗精神病薬の使用中止の理由とすべきではない」と記している。研究結果は、医学誌「Archives of General Psychiatry(一般精神医学)」2月号に掲載された。(HealthDay News 2月7日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=649609
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ健康研究に対する企業の関与に消費者は懐疑的 ―米調査
セ横浜・みなとみらい21で新研究所の起工式を実施 /資生堂
セ人工芝の「薄さ」により高校スポーツ選手の負傷リスクが上昇か
関連ワードで検索
抗精神薬統合失調症脳組織喪失リスク研究
ソ今週のアクセスランキング
1.健康食品の電話勧誘販売している3事業者に業務停止命令(3か月)/消費者庁
2.7/11機能性表示食品の届出情報(いちょう葉エキス《インシップ》)等追加7製品を公表/消費者庁
3.製薬業界向け、医薬品等申請書作成・支援サービス「OpenTrusty(TM)」を開発 /日本ユニシス
4.メディエンスが、世界最大の酵母メーカー・ルサッフル社と日本での独占販売契約を締結
5.米国のティーン、5割超が「性経験なし」
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO