健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

家庭で酸素療法を行う際の注意事項


[2011/02/04]

家庭で酸素療法(oxygen therapy)を行う場合、火や発火性のものがある場所では十分な注意を要する。

ADAM Encyclopedia(医療・健康情報提供サイト)は、安全対策として下記の点を挙げている:

・正しく機能する煙感知器を家庭内の隅々にまで必ず設置し、消火器を手の届く場所に置く。
・酸素の近くでは喫煙をせず、人にもさせない。喫煙者と酸素との距離を6フィート(約1.8m)以上開ける。
・酸素は、暖炉やストーブ、ドライヤー、電動歯ブラシや電動シェーバー、電気毛布や電動のおもちゃ、スペースヒーターやベースボードヒーターなどの家電製品から6フィート以上離しておく。
・調理中、酸素はオーブンやコンロからできるだけ離しておき、油はねには十分注意する。
・酸素は可燃性の液体から離す。
(HealthDay News 1月20日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=648813
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ指輪型パルスオキシメータを販売
関連ワードで検索
酸素療法安全対策注意点
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
4.「パロアッスル」抗肥満作用の新知見を発表/IHM
5.キムチ由来の植物性乳酸を化粧品用途でも本格展開
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO