健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

家庭で酸素療法を行う際の注意事項


[2011/02/04]

家庭で酸素療法(oxygen therapy)を行う場合、火や発火性のものがある場所では十分な注意を要する。

ADAM Encyclopedia(医療・健康情報提供サイト)は、安全対策として下記の点を挙げている:

・正しく機能する煙感知器を家庭内の隅々にまで必ず設置し、消火器を手の届く場所に置く。
・酸素の近くでは喫煙をせず、人にもさせない。喫煙者と酸素との距離を6フィート(約1.8m)以上開ける。
・酸素は、暖炉やストーブ、ドライヤー、電動歯ブラシや電動シェーバー、電気毛布や電動のおもちゃ、スペースヒーターやベースボードヒーターなどの家電製品から6フィート以上離しておく。
・調理中、酸素はオーブンやコンロからできるだけ離しておき、油はねには十分注意する。
・酸素は可燃性の液体から離す。
(HealthDay News 1月20日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=648813
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ指輪型パルスオキシメータを販売
関連ワードで検索
酸素療法安全対策注意点
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
2.機能性表示食品「アラプラス 糖ダウン」発売/SBIアラプロモ
3.メイプロインダストリーズ / 丸紅との資本提携で原料および米国市場で販売している健康食品を世界のマーケットに拡販
4.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
5.ビューティニーズ / マリー秋沢プロデュース“酵素”の健康食品「エンザイムプラス」を拡販
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO