健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

自制心のある子どもは成功する大人になる


[2011/01/31]
自制心のある子どもは成功する大人になる

3歳時に最も自制心(self-control)が強い小児は最も健康かつ裕福で成功を収める大人になり、最も自制心が弱い小児は学校を中退し、法を犯し、財政的に困難に陥る可能性が高いことが、新しい研究で明らかにされた。

米国科学アカデミー発行の「Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)」オンライン版に1月24日掲載された今回の研究で、米デューク大学(ノースカロライナ州)心理学・神経科学教授のTerrie Moffitt氏らは、1972〜1973年にニュージーランドに生まれた小児約1,000人のデータを分析し、32歳まで追跡した。教師、両親、小児自身による評価により、3歳以降、さまざまな時点で自制心を調べた。

研究の結果、社会経済的に恵まれた家庭で育ったIQの高い小児は、自制心がより強い傾向がみられたが、知能や社会階層を考慮した後でも3歳時に自制心が強かった小児は32歳時に収入がより多く、より健康であった。自制心が弱かった小児は、10代での妊娠や喫煙、片親になる、失業など、否定的な行動をとる可能性が高かった。

自制心がほとんどない3歳児は、成人になって財政難や健康不良に陥る可能性も高かった。身体検査および血液検査では、歯周病や性感染症がより多く、過体重、高コレステロールまたは高血圧、炎症の徴候があり、たばこやアルコール、より強い薬物の中毒になる可能性が高かった。

Moffitt氏は「短期的な楽しみに飛びつかず、これから起きることに備えて限界を見極め、目的のために計画を立て、他人と協調し、助けや支援を得て、待つ価値のある本当に良いことを待つために自制心は不可欠である」という。同氏らは、英国の双生児500組のデータを用いて、5歳時の自制心とその後の成功にも同様の関係があることも明らかにしている。

米カリフォルニア大学デービス校のJay Belsky氏は「肝心なことは自身の自然発生的な行動であり、衝動や選択、決定を制御または管理できる程度である」という。米フロリダ州立大学(タラハシー)のAlex Piquero氏は「自制心を教えられることは朗報である。これらの弱点を早期に特定できれば、自制心の改善が可能であり、否定的な結果にならない」と述べている。(HealthDay News 1月24日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=649156
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ12歳未満で1つの競技に専念すると怪我リスクが高い?
セ子どもの靴を買うときのヒント
セ国産子供用のマルチサプリ クラウドファンディングで先行販売/ファインテ
関連ワードで検索
子供自制心教育3歳児
ソ今週のアクセスランキング
1.『雪肌精 MYV コンセントレート トリートメント』発売/コーセー
2.薬事法施行規則第12条第1項に規定する試験検査機関について/厚生労働省
3.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
4.老化治療の最前線をテーマに2トップが講演
5.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO