健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

禁煙補助薬の脳内での作用機序が明らかに


[2011/01/13]
禁煙補助薬の脳内での作用機序が明らかに

禁煙に有用な2製剤、bupropionブプロピオン(商品名:Wellbutrin、Zyban、日本国内未承認)とバレニクリン(同:チャンピックス)は他の喫煙者を見たときの脳の反応を変え、渇望(craving)を抑える可能性のあることが、新しい研究によって示された。

Bupropionは、喫煙を促す誘因(cue)に対する抵抗を補助するため世界中で処方されているが、その機序は明らかにされていない。米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のChristopher S. Culbertson氏らは脳スキャンを用いて、同薬またはプラセボを8週間服用した喫煙者30人の脳内で何が起きるのかを調べた。

同氏らは、喫煙を含まない“中立的な”誘因、または俳優や女優が喫煙する45秒間のビデオを見た後に回答してもらい、被験者のたばこへの渇望の程度を検討した。その結果、プラセボではなく同薬を服用した被験者では渇望が低く、渇望に関係する脳領域の活動も少なかった。同氏らは、「この結果はbupropion投与が誘因による渇望に対する抵抗力向上や、誘因による大脳辺縁と前頭前部の活性化低下に関連することを示している」と述べている。

2つ目の研究では、米ペンシルベニア大学(フィラデルフィア)のTeresa Franklin氏らが脳スキャンを用いて、バレニクリンまたはプラセボを3週間服用した喫煙者22人の脳の反応を調べた。その結果、薬剤投与群は一部の領域で脳活動が低下し、喫煙の誘因となるビデオ観賞後の渇望が低いことが明らかになった。研究結果は、医学誌「Archives of General Psychiatry(一般精神医学)」オンライン版に1月3日掲載された。(HealthDay News 1月3日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=648178
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ阪大に温熱治療の研究講座を設置/桐灰化学(小林製薬)
セ製薬企業から医師への金品はがん治療薬の選択を左右するのか
セ油性造影剤での卵管造影が不妊治療に有用
関連ワードで検索
禁煙薬剤治療作用機序
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.健康食品 電話勧誘販売 LFコーポレーションに業務停止命令(3か月)/消費者庁
3.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
4.株式会社ミス・パリ/エステティック業界初 東京大学とミスパリ 共同研究開始
5.サマータイム移行が短期的な脳卒中リスク上昇に関連
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO