健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

癌(がん)細胞は自らの死滅を促すシグナル発信機能をもつ


[2011/01/06]
癌(がん)細胞は自らの死滅を促すシグナル発信機能をもつ

癌(がん)細胞の多くが、免疫細胞の貪食作用を促す “eat me”シグナルを発する蛋白(たんぱく)をその表面に備えていることが、新しい研究により示された。今後の課題は、癌細胞にこのシグナルを発信させる方法を明らかにすることであると、研究グループは述べている。

医学誌「Science Translational Medicine(サイエンス・トランスレーショナル医療)」オンライン版に12月22日掲載された今回の研究によると、細胞はカルレティキュリンcalreticulinという蛋白を発現することによってこのシグナルを発信するという。一方、CD47と呼ばれる物質(細胞表面蛋白)は逆に貪食を拒否する “don’t eat me”シグナルを発し、癌細胞を死滅から守る。過去の研究から、CD47を阻害する抗体が癌治療に有効であることが示されていた。「多くの正常細胞がCD47を有するが、これらは抗CD47抗体の影響を受けず、抗CD47抗体が癌細胞だけを選択的に死滅させる理由は不明であった」と、研究の筆頭著者である米スタンフォード大学(カリフォルニア州)のMark Chao氏は述べている。

今回の研究では、一部の白血病、非ホジキンリンパ腫、膀胱癌、脳腫瘍、卵巣癌などのさまざまな癌にカルレティキュリンが存在することが示され、「CD47のシグナル阻害が癌治療に有効である理由はそのためであることが判明した」と、共同研究者である同大学のIrving Weissman博士は述べている。また、ほとんどの正常細胞はカルレティキュリンを発現しておらず、抗CD47抗体に曝露しても死滅しないこともわかった。

「研究の次のステップは、カルレティキュリンが疾患経過にどのように寄与するのか、また細胞に何が起きてこの蛋白が細胞表面に移動するのかを明らかにすることである」と共同研究者のRavindra Majeti博士は述べている。(HealthDay News 12月22日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=647771
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ細胞培養用培地添加剤の開発・製造・販売のジャパン・バイオメディカル社へ出資 /富士フイルム
セ「特定研究開発等計画」の認定について/一丸ファルコス
セヨーロッパ初の研究拠点「 研究所 フランス分室 」 をリヨンに設置/コーセー
関連ワードで検索
細胞研究
ソ今週のアクセスランキング
1.簡単・もちもち・栄養up! カナダ産オーツ麦から生まれた「ライスオーツ」を新発売/スタースーパーフーズ・インターナショナルジャパン
2.カタログのQRで即時決済!物販支援決済サービスの提供を開始/凸版印刷
3.「潤(うるり)」に美白クリームと肌あれ・にきびケアの保湿ジェルを追加発売/カネボウ化粧品
4.夏こそスーパーフードの力を借りる!”ビーツ”を 使った可愛いサラダ 「ビーツとくるみのチーズポテトサラダ」 発売/柿安本店
5.睡眠アミノ酸グリシン配合「グリナ(R)」機能性表示食品にリニューアル/味の素
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO