健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

癌(がん)細胞は自らの死滅を促すシグナル発信機能をもつ


[2011/01/06]
癌(がん)細胞は自らの死滅を促すシグナル発信機能をもつ

癌(がん)細胞の多くが、免疫細胞の貪食作用を促す “eat me”シグナルを発する蛋白(たんぱく)をその表面に備えていることが、新しい研究により示された。今後の課題は、癌細胞にこのシグナルを発信させる方法を明らかにすることであると、研究グループは述べている。

医学誌「Science Translational Medicine(サイエンス・トランスレーショナル医療)」オンライン版に12月22日掲載された今回の研究によると、細胞はカルレティキュリンcalreticulinという蛋白を発現することによってこのシグナルを発信するという。一方、CD47と呼ばれる物質(細胞表面蛋白)は逆に貪食を拒否する “don’t eat me”シグナルを発し、癌細胞を死滅から守る。過去の研究から、CD47を阻害する抗体が癌治療に有効であることが示されていた。「多くの正常細胞がCD47を有するが、これらは抗CD47抗体の影響を受けず、抗CD47抗体が癌細胞だけを選択的に死滅させる理由は不明であった」と、研究の筆頭著者である米スタンフォード大学(カリフォルニア州)のMark Chao氏は述べている。

今回の研究では、一部の白血病、非ホジキンリンパ腫、膀胱癌、脳腫瘍、卵巣癌などのさまざまな癌にカルレティキュリンが存在することが示され、「CD47のシグナル阻害が癌治療に有効である理由はそのためであることが判明した」と、共同研究者である同大学のIrving Weissman博士は述べている。また、ほとんどの正常細胞はカルレティキュリンを発現しておらず、抗CD47抗体に曝露しても死滅しないこともわかった。

「研究の次のステップは、カルレティキュリンが疾患経過にどのように寄与するのか、また細胞に何が起きてこの蛋白が細胞表面に移動するのかを明らかにすることである」と共同研究者のRavindra Majeti博士は述べている。(HealthDay News 12月22日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=647771
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ乳酸菌が小腸のM細胞から取り込まれ免疫細胞に渡されることを実証/アサヒグループホールディングス
セ「特定細胞加工物製造許可」を取得。細胞培養受託を可能に/ロート製薬
セ横浜・みなとみらい21で新研究所の起工式を実施 /資生堂
関連ワードで検索
細胞研究
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.ヴィーナスモードのテレビ放送が2011年1月よりスタート
4.エステティック ミスパリより、足痩せサプリ発売
5.目もとと頬を輝きで彩るアイカラー、チークカラー新発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO