健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

小児は近づいてくる車の速度を正しく判断できない


[2010/12/16]
小児は近づいてくる車の速度を正しく判断できない

小学生は、時速20マイル(約32km)以上で走る車両が近づいてくる速度を正確に判断できないことが、新しい研究で明らかにされた。

英ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイRoyal Holloway校心理学教授のJohn Wann氏は、「これは子どもたちが注意を払わないということではなく、視覚検出(visual detection)メカニズムが低レベルであることに関連する問題である。そのため、子どもたちが非常に注意を払っていても、高速で近づいてくる車両を検出できない可能性がある」と警告している。

同氏らは、小学生100人以上を対象に、知覚視力(perceptual acuity)を評価し、近づいてくる車両の速度を確実に判断できる能力を算出した。成人歩行者が時速50マイル(約80km)まで正確に速度を判断できるのに対し、小児は時速20マイルを超え、車両が5秒遠くに離れていると正確に判断できなかった。

同氏は「この知見は、車両が時速30〜40マイル(約48〜64km)で走行している場合、横断について小児が危険な判断を下す可能性があることを示す強力なエビデンス(科学的根拠)である。また、小児が目の前に飛び出す可能性の高い車両は速度がより速く、事故死につながる可能性が高い。住宅地で1マイル(約1.6km)を時速20マイルで走る場合と時速30マイルで走る場合を比べると、通過に要する時間差は60秒に過ぎない。子どもの命を救うためにも、ドライバーには1分間、時間を余分に使うことを促したい」と述べている。

研究結果は、医学誌「Psychological Science(心理科学)」オンライン版に11月23日掲載され、印刷版にも近く掲載される予定。(HealthDay News 11月30日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=646577
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ国産子供用のマルチサプリ クラウドファンディングで先行販売/ファインテ
セママの意見をもとに開発した「こどものためのボンカレー」発売/大塚食品
セはじめてのママでも安心、自宅で簡単ヘアカット「洗えるバリカン」等を発売/コンビ
関連ワードで検索
子供視覚検出速度判断
ソ今週のアクセスランキング
1.『スリムアップスリム 乳酸菌+スーパーフードシェイク ミックスベリーラテ』等を発売/アサヒグループ食品
2. 腰痛治療の新ガイドライン ―まずは薬物療法以外を
3.2/23 機能性表示食品の届出情報(さかな暮らしダブル[マイケア]等 追加8製品を公表)/消費者庁
4.「チアシード蒟蒻ゼリー 有田みかん味」を限定発売/若翔
5.アロニア×亜麻仁油の美容サプリを発売/オルビス株式会社
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO