健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

下肢深部静脈血栓に有用な新しい抗凝固薬


[2010/12/15]
下肢深部静脈血栓に有用な新しい抗凝固薬

新しい抗凝固薬のrivaroxabanリバロキサバン(商品名Xarelto、国内未承認)は、深部静脈血栓症(DVT)患者に対して有効かつ利便性の高い、より安全な治療法であることが新しい研究で示された。この知見は、米医学誌「New England Journal of Medicine」オンライン版に12月4日掲載されるとともに、米オーランドで開催された米国血液学会(ASH)年次集会でも発表された。

オランダ、アムステルダム大学アカデミックメディカルセンター内科教授のHarry R. Buller博士らはより安全かつ容易な治療選択肢を探すため、2セットのデータを分析。まず、DVT患者約1,700例にrivaroxaban、ほぼ同数の患者に標準的な抗凝固薬のエノキサパリン(低分子ヘパリン製剤)を最長1年間投与し、比較した。2つ目の試験では、薬剤を問わず最初の試験を少なくとも6カ月終えたDVT患者約600例を無作為に選択し、rivaroxabanを投与し、ほぼ同数の患者にプラセボを投与した。

研究の結果、rivaroxaban群ではエノキサパリン群に比べて血液凝固の症例が少なく(2.1%対3%)、大出血もやや少なかった。プラセボ群では7%以上の患者に血液凝固障害がみられたが、rivaroxaban群では1%強に過ぎず、プラセボよりも有意に優れていた。出血はrivaroxaban群のほうが多かったが、同氏らは、同薬がDVT治療に安全かつ有効であると判定した。

Buller氏は「経口rivaroxabanを用いる新しい治療レジメンは、単剤による簡便な固定用量アプローチであるため、患者と医師双方にとって、抗血液凝固療法が現在の標準療法よりも容易になる可能性がある」と述べている。研究は、米国外で同薬を販売しているバイエル・シエーリング・ファーマ社と米国内で販売する予定のオーソ・マクニール社の資金提供を受けて実施された。(HealthDay News 12月4日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=646979
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ老化治療の最前線を走る博士が、都内で来日講演
セ鍼治療で重症の便秘が軽減か
セ心疾患治療薬の開発スピードが減速
関連ワードで検索
下肢深部静脈血栓抗凝固剤治療
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.三重県産の本真珠を溶かし込んだ美容酢
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO