健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

肝機能異常患者に対するスタチン投与はリスク高めず


[2010/12/09]
肝機能異常患者に対するスタチン投与はリスク高めず

一般の通念に反して、肝機能異常患者に対するスタチン系薬剤の長期使用により肝疾患リスクが高まることはなく、実際は肝機能を改善させる可能性が、新しい研究で示された。また、肝機能異常患者では肝機能正常患者に比べて、スタチンの心血管に対するベネフィット(便益)がかなり大きいことも今回初めて示されたという。

ギリシャ、ヒポクラシオンHippokration大学病院(テッサロニキ)のVasilis Athyros氏らは、肝検査で中等度の異常が認められ、非アルコール性脂肪肝と思われる患者437人を対象に研究を行った。同氏らは、227例にスタチンを投与し、対照群の210例には治療を行わなかった。

3年間の追跡調査後、スタチン投与群における肝障害の発症率は対照群に比べて高くなかった。スタチン投与群では、肝障害のバイオマーカーであるALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)値が低下または正常化したが、対照群では悪化した。また、肝機能検査に異常が認められたスタチン服用患者では、心臓発作や脳卒中などの心血管イベントのリスクが39〜68%低下していた。

Athyros氏らは「スタチンの長期投与(今回の研究では主にアトルバスタチン)のリスク便益比は、肝機能検査で中等度の異常がみられた患者でもスタチン投与のほうが高い」と述べている。研究結果は、英医学誌「Lancet」オンライン版に11月24日掲載された。(HealthDay News 11月23日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=646408
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セスタチンと他の心臓病薬の相互作用に注意
セ人工芝の「薄さ」により高校スポーツ選手の負傷リスクが上昇か
セ全粒穀物をよく食べる人は早期死亡リスクが20%低い
関連ワードで検索
肝機能異常スタチンリスク
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
3.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.働く女性の髪の悩みが大きく変化する年代は?
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO