健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

55歳以上の高齢者でのIgE抗体値が倍増、アレルギー症状の原因に


[2010/11/26]
55歳以上の高齢者でのIgE抗体値が倍増、アレルギー症状の原因に

加齢に伴ってアレルギー症状はおさまるという通説があるが、より多くの高齢者が以前よりもアレルギーを経験する可能性が、新しい研究によって示唆され、米フェニックスで開催された米国アレルギー・喘息・免疫学会(ACAAI)年次集会で報告された。

米小児マーシーMercy病院/クリニック(ミズーリ州カンザスシティ)のZachary Jacobs博士らは、ツーソンTucson疫学研究と呼ばれる大規模試験が実施された1970年代以来、鼻水や涙目などのアレルギー症状を引き起こすヒスタミンを放出させる免疫物質であるIgE(免疫グロブリンE)抗体値が検討されていないことに着目し、ツーソン研究と2005〜2006年の全米健康栄養調査(NHANES)のデータを比較した。

NHANE研究の対象は7,398人、ツーソン研究は2,743人で、人口統計学的特徴は同様であったが、NHANES研究では若齢者(24歳未満)がやや多かった。研究の結果、IgE値は常に同じではなく、1つの年齢群(6〜14歳)のみツーソン群のIgE値が高く、他の年齢群ではいずれもNHANES群が有意に高かった。その差は高齢群で顕著であり、55〜64歳の群では、NHANES群のIgE値がツーソン群の2倍以上であった。

Jacobs氏は「IgEは必ずしもアレルギーと関係するわけでもなく、またIgE値が直接的にアレルギーの重症度と相関するわけではないが、IgEはアレルギーに関わる主要な抗体である。25〜30年前に比べて米国人ではアレルギーが増加しているようであり、50代ではほぼ確実に増加している」と述べている。(HealthDay News 11月13日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=645883
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ「特定研究開発等計画」の認定について/一丸ファルコス
セヨーロッパ初の研究拠点「 研究所 フランス分室 」 をリヨンに設置/コーセー
セ健康研究に対する企業の関与に消費者は懐疑的 ―米調査
関連ワードで検索
Igeアレルギー高齢者研究
ソ今週のアクセスランキング
1.米ガイドライン、60歳以上の降圧薬処方基準を緩和
2.「マジックマッシュルーム」でがん患者の絶望感を緩和
3.平成25年度における景品表示法の運用状況及び表示等の適正化への取組/消費者庁
4.不当景品類及び不当表示防止法等の一部を改正する等の法律(通知)/消費者庁
5.ステロイド成分を含有する不良化粧品の発見について/東京都福祉保健局
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO