健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

55歳以上の高齢者でのIgE抗体値が倍増、アレルギー症状の原因に


[2010/11/26]
55歳以上の高齢者でのIgE抗体値が倍増、アレルギー症状の原因に

加齢に伴ってアレルギー症状はおさまるという通説があるが、より多くの高齢者が以前よりもアレルギーを経験する可能性が、新しい研究によって示唆され、米フェニックスで開催された米国アレルギー・喘息・免疫学会(ACAAI)年次集会で報告された。

米小児マーシーMercy病院/クリニック(ミズーリ州カンザスシティ)のZachary Jacobs博士らは、ツーソンTucson疫学研究と呼ばれる大規模試験が実施された1970年代以来、鼻水や涙目などのアレルギー症状を引き起こすヒスタミンを放出させる免疫物質であるIgE(免疫グロブリンE)抗体値が検討されていないことに着目し、ツーソン研究と2005〜2006年の全米健康栄養調査(NHANES)のデータを比較した。

NHANE研究の対象は7,398人、ツーソン研究は2,743人で、人口統計学的特徴は同様であったが、NHANES研究では若齢者(24歳未満)がやや多かった。研究の結果、IgE値は常に同じではなく、1つの年齢群(6〜14歳)のみツーソン群のIgE値が高く、他の年齢群ではいずれもNHANES群が有意に高かった。その差は高齢群で顕著であり、55〜64歳の群では、NHANES群のIgE値がツーソン群の2倍以上であった。

Jacobs氏は「IgEは必ずしもアレルギーと関係するわけでもなく、またIgE値が直接的にアレルギーの重症度と相関するわけではないが、IgEはアレルギーに関わる主要な抗体である。25〜30年前に比べて米国人ではアレルギーが増加しているようであり、50代ではほぼ確実に増加している」と述べている。(HealthDay News 11月13日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=645883
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ横浜・みなとみらい21で新研究所の起工式を実施 /資生堂
セ高齢者が高温環境で扇風機を使用するとむしろ体温が上昇する可能性
セ高齢者が長生きするために重要なのは「友人」よりも「家族」
関連ワードで検索
Igeアレルギー高齢者研究
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.ヴィーナスモードのテレビ放送が2011年1月よりスタート
4.エステティック ミスパリより、足痩せサプリ発売
5.目もとと頬を輝きで彩るアイカラー、チークカラー新発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO