健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

うつ病治療を受けた十代の若者の半数は再発する


[2010/11/18]
うつ病治療を受けた十代の若者の半数は再発する

大うつ病の治療を受けたほぼすべての十代の若者は当初回復するが、約半数は5年以内に再発することが、新しい研究で明らかになった。また、こうした再発は男児よりも女児で起きる可能性が高いという。

大うつ病は思春期の女児のほぼ6%、男児の4.6%にみられ、これまでの研究では治療の短期成績が検討されており、良好な傾向が示されているが、長期的な結果はほとんどわかっていない。医学誌「Archives of General Psychiatry(一般精神医学)」オンライン版に11月1日掲載された今回の研究は、米デューク大学(ノースカロライナ州)心理・行動科学教授のJohn Curry氏らによるもの。

同氏らは、以前実施された抗うつ薬fluoxetine(商品名Prozac、日本では未承認)投与のみ、認知行動療法のみ、Prozac+認知行動療法の併用、プラセボの4種類の大うつ病治療に関する無作為化試験に登録していた平均年齢約14歳の男児86人、女児110人を対象に、追跡調査を実施した。

予想どおり、治療に完全反応した患者(症状なし)は、部分的反応しかしなかった患者や全く反応しなかった患者に比べて、完全に回復する可能性が高かった。しかし、12週間の治療を受けた十代若者のほぼ47%では、治療群にかかわらず、また試験2年後にどの程度良好な状態であったかにかかわらず、再発が認められた。十代における不安障害と同様、女児では男児に比べてうつ病再発の可能性が高かった(それぞれ58%、33%)。

Curry氏は「この知見により、(治療後の)うつ病の再発を予防するための治療法を開発する必要性が浮き彫りにされた。女児のリスクが高い理由ははっきりしないが、女児のほうに不安が多くみられ、不安障害も再発を予測するため、これが要因である可能性がある。女児は男児に比べて不安障害が多いというのは概して事実である」と述べている。(HealthDay News 11月1日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=645232
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ製薬企業から医師への金品はがん治療薬の選択を左右するのか
セ油性造影剤での卵管造影が不妊治療に有用
セ老化治療の最前線をテーマに2トップが講演
関連ワードで検索
うつ病治療再発
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.6/19 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉 脳内αディーエイチシー])追加1製品を公表/消費者庁
4.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
5.キムチ由来の植物性乳酸を化粧品用途でも本格展開
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO