健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

骨減少症を予防する


[2010/11/12]

骨減少症(osteopenia:オステオペニア)は、骨密度が低い病態を表わす医学用語である。米国立骨粗鬆(しょう)症財団(NOF)によると、この診断を受けた人は、より重度の骨密度が低下した病態である骨粗鬆症(osteoporosis:オステオポローシス)のリスクにさらされている。

もしあなたが骨減少症と診断されたならば、それ以上骨密度が低下しないよう骨を守るべきときである。骨密度が低下すればするほど、骨折リスクが高くなる。

NOFは、体重負荷運動を行い、カルシウムとビタミンDを十分に摂取し、アルコールの摂取量を制限し、禁煙するよう勧めている。

骨減少症の人の中には、骨密度の維持や失われた骨量を回復させるために、服薬開始が必要な人もいる。また、定期的な通院と骨密度検査も必要になる。推奨事項について医師と話し合うことが望まれる。(HealthDay News 10月29日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=644749
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セビタミンDサプリが風邪予防に有用な可能性
セ米国の予防接種ガイドラインが更新される
セ屋外で長時間過ごすと近視予防に?
関連ワードで検索
骨密度骨減少症予防骨折リスク
ソ今週のアクセスランキング
1.『10分で10歳若返る!かづきメイク究極テク』/マキノ出版
2.パイナップル由来グルコシルセラミドの経口摂取による皮膚機能改善効果を講演/丸善製薬
3.夕方の試合には朝寝坊の選手が有利
4.シミ・小じわをカバーしながらリフトケア!金のリフト版BBクリーム誕生
5.発売4ヶ月で10万個突破したサプリメントの秘密とは
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO