健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

実験室におけるミニチュア肝臓培養に成功


[2010/11/09]
実験室におけるミニチュア肝臓培養に成功

機能するミニチュア肝臓が、米ウェイク・フォレストWake Forest大学(ノースカロライナ州)の科学者らによって作製され、米ボストンで開催された米国肝臓病学会(AASLD)年次集会で発表された。この成功は、実験室における人工肝臓培養を目指した探索における初期ではあるが重要な前進であるという。

プロジェクトを率いた同大学バプティスト・メディカルセンター再生医学教授のShay Soker氏は、「我々は今回の研究が示す可能性に興奮しているが、これは初期段階で、患者が恩恵を得る前に多くの技術的なハードル(障害)を克服しなければならないことを強調しておかねばならない」と述べている。

今回の研究で、Soker氏らは、マイルドな界面活性剤を用いて動物(マウス)の肝臓からすべての細胞を除去し、コラーゲンの“骨組み(skeleton)”、すなわち支持構造のみを残した。その後、オリジナル細胞を、未熟な肝細胞と血管の内皮細胞という2種類のヒトの細胞に置き換えた。新しい細胞によるこの肝臓の骨組みを、臓器に栄養や酸素を一定流量で送る装置のバイオリアクタ―(bioreactor)に入れたところ、1週間以内に、ヒトの肝臓組織と肝臓関連の機能が段階的に形成された。

Soker氏らは「この研究の次のステップは、これらの生物工学的に作製された肝臓を動物に移植しても機能し続けるかどうかを明らかにすることである」と述べ、肝臓移植のドナー不足の解消をもたらすとともに、この肝臓を用いて薬剤の安全性評価もできることを指摘している。(HealthDay News 10月30日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=645051
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ 高剥離性を付与した細胞培養容器を開発/DIC
セ細胞培養用培地添加剤の開発・製造・販売のジャパン・バイオメディカル社へ出資 /富士フイルム
セヘパリーゼ(R)W プレミアム 粒タイプ(栄養補助食品)を発売/ゼリア新薬工業
関連ワードで検索
人工臓器肝臓培養再生医学
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.健康食品 電話勧誘販売 LFコーポレーションに業務停止命令(3か月)/消費者庁
3.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
4.株式会社ミス・パリ/エステティック業界初 東京大学とミスパリ 共同研究開始
5.イズミヤ株式会社及び株式会社牛肉商但馬屋に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO