健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

癌(がん)患者の放射線療法の需要増大に対し専門医数が大幅に不足


[2010/11/05]
癌(がん)患者の放射線療法の需要増大に対し専門医数が大幅に不足

米国では今後10年間で、放射線療法への需要が新しい放射線腫瘍専門医の増加数の10倍になると予測されており、この需要と供給の差が癌(がん)患者の治療へのアクセスに影響を及ぼす可能性があることが、新しい研究で示された。

米テキサス大学M.D.アンダーソン癌センター(ヒューストン)放射線腫瘍学部助教授のBenjamin Smith博士らによれば、2010〜2020年に放射線療法を必要とする患者数が22%増加するのに対し、就業するフルタイムの放射線腫瘍医数の増加は2%でしかないという。この予測は、今年(2010年)、米国において放射線腫瘍医3,943人が推定47万人の患者を治療するという見通しに基づいている。

放射線療法に対する大幅な需要増加の理由の一つに、特定の種類の癌の有病率が高い高齢者や少数民族の増加が挙げられ、同氏らは「放射線療法に対するニーズは少数民族では45%、65歳以上では38%増加する」と推定している。

Smith氏は「人員不足は二重のトラブルを意味している。診断から放射線療法開始までの遅れが治療効果を低減させることが研究で示されているため、腫瘍専門医や放射線専門医は、多くの点で治療の質が損なわれないようにさらに協力し合わなければならない。治療の質を落とさず、アクセスを低減することもなく、より多くの患者により良い放射線療法を提供するため、どのように診療を変えられるかを知るにはさらに多くの研究が必要である」と述べている。

研究結果は、医学誌「Journal of Clinical Oncology(臨床腫瘍学)」オンライン版に10月18日掲載された。(HealthDay News 10月21日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=644632
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ健康研究に対する企業の関与に消費者は懐疑的 ―米調査
セ横浜・みなとみらい21で新研究所の起工式を実施 /資生堂
セ脂肪の「錆び」が癌化を促進することを発見/九州大学
関連ワードで検索
放射線療法専門医研究
ソ今週のアクセスランキング
1.ファイテン独自技術の素材に関する医科学的な研究成果を発表
2.歩行速度の低下は認知障害のサイン?
3.スーパーフードのピザとサラダを発売/フォーシーズ(PIZZA-LA)
4.健康食品の電話勧誘販売している3事業者に業務停止命令(3か月)/消費者庁
5.イズミヤ株式会社及び株式会社牛肉商但馬屋に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO