健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

腹部と下半身では脂肪細胞の成長の仕方が異なる


[2010/10/21]
腹部と下半身では脂肪細胞の成長の仕方が異なる

体脂肪が増加する方法の違いによって、腹部の脂肪増加は特定の疾患リスクを高め、大腿や下半身の他の部分の余分な脂肪はそのリスクを低減する理由の説明がつくことが、新しい研究によって示唆された。

米メイヨークリニック(ミネソタ州)内分泌専門医のMichael Jensen博士らは、ボランティア28人に8週間、アイスクリームやキャンディバー、高カロリー飲料など好きなものをほぼ何でも食べてもらった。その結果、参加者の脂肪は上半身で平均5.5ポンド(約2.5kg)、下半身で平均3.3ポンド(約1.5kg)増加した。

Jensen氏は「細胞メカニズムが異なっており、腹部の脂肪増加は主に個々の細胞の肥大によるものであったのに対し、大腿や下半身では脂肪細胞数の増加によるものであった。メカニズムが異なれば影響も異なる」と述べている。同氏らは、この知見が成人では脂肪細胞数が安定しているという考えに反すると同時に、下半身の脂肪細胞の産生増加が上半身の保護にいくらか役立ち、代謝性疾患を予防する可能性があるという理論を支持するものでもあるとしている。

高血圧、不健康なコレステロール値、インスリン抵抗性、ウエストまわりの余分な体脂肪などの状態が同時発生するメタボリックシンドロームを発症した人では、心疾患や糖尿病などのリスクが高まる。研究結果は、米国科学アカデミー発行の「Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)」オンライン版に10月4日掲載された。(HealthDay News 10月6日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=643912
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セダイエットとリバウンドの繰り返しは高齢女性の心臓に悪い
セ美容に特化したプロテインドリンク「ベジエ プロテイン酵素ダイエット」新発売!/KIYORA
セダイエットサポート飲料「コバラサポート グレープフルーツ風味」を発売/大正製薬
関連ワードで検索
メタボリックシンドロームダイエット脂肪細胞メカニズム
ソ今週のアクセスランキング
1.インドネシアの自然派食品「モリンガ」等 3製品を新発売/協同食品
2.薄くて軽い「遠赤外線放射素材インナー」トリンプより新発売
3.メイプロインダストリーズ / 丸紅との資本提携で原料および米国市場で販売している健康食品を世界のマーケットに拡販
4.2/2 機能性表示食品の届出情報(スヤリスト[銀座ステファニー]等 追加4製品を公表)/消費者庁
5.5/26 機能性表示食品の届出情報(富山のグルコサミン 七転び八起き[富山常備薬グルー])等 追加8製品を公表/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO