健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

多発性硬化症とともに生きる


[2010/10/15]

多発性硬化症(MS)は生涯にわたって続く疾患だが、症状は日によって変わる。

米国家庭医学会(AAFP)は、たとえ罹患していても、可能な限り健康を維持することの重要性を指摘し、下記のようなに助言を行っている:
・低脂肪、繊維を豊富に含む健康的な食事を心掛ける。
・医師の承認を得て、定期的に運動をする。こわばりを管理し、運動性を向上させるには、ストレッチ運動が最良の方法である。
・毎晩十分な睡眠をとり、必要に応じて体を休める。
・極端な温度、特に高温を避ける。熱い風呂やサウナを利用するときは気をつける。
・家族や友人、その他親しい人たちにサポートや励ましを求める。
(HealhDay News 10月1日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=643488
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ今からできる春のアレルギー対策
セビタミンDサプリが風邪予防に有用な可能性
セ米国の予防接種ガイドラインが更新される
関連ワードで検索
多発性硬化症対策予防
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.緑イ貝にアスピリンより強力とのエビデンス
3.機能性表示食品の減塩ロースハム、ハーフベーコンを発売/日本ハム
4.3/16 機能性表示食品の届出情報(歩くチカラ[ハルメク]等 追加5製品を公表)/消費者庁
5.3/15 機能性表示食品の届出情報(ぱぱゼリーA ピーチ味[伊那食品工]等 追加6製品を公表)/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO