健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

プラセボ薬が一部の女性の性欲を高めることが判明


[2010/09/29]
プラセボ薬が一部の女性の性欲を高めることが判明

性欲減退の治療のためにプラセボ薬を投与した女性の約3分の1が性生活の改善を報告していたことが、新しい研究で示された。研究者らは、この知見が興奮や欲求にかかわる強力でやや神秘的な心身の関係を示すエビデンス(科学的根拠)であるという。

1990年代後半、シルデナフィル(商品名:バイアグラ)やタダラフィル(同シアリス)などの薬剤が男性の性機能障害治療に革命を起こし、女性の性欲減退に対しても臨床試験が行われたが、失敗に終わった。しかし、米ベイラー大学医学部(ヒューストン)のAndrea Bradford氏らが、タダラフィルの過去のデータを検討した結果、プラセボ薬を投与した女性の約35%で欲求など性行為の心理面に有意な改善がみられ、膣の潤滑が良くなり、オーガズムの頻度が増すか到達しやすくなるなど、興奮の身体面での改善を多数が報告していたことが判明した。

Bradford氏らが2次分析の対象とした研究では、性的興奮障害と診断された35〜55歳の女性50人にタダラフィルまたはプラセボを12週間投与。大多数は既婚者であり、月3回以上性交渉を持ってもらい、頻度と満足度に関する日記をつけていた。同氏は「一部の女性ではすべてが全面的に改善していた。被験者の多くは予想以上であった」と述べている。

また、長期的には性交渉の頻度がやや低下していたが、被験者は全体としてよりよい性生活であるとの報告を続けていた。Bradford氏は「一部の女性では、性交渉に注意を払う行為に優れた治療効果があったと思われる」と述べている。研究結果は、医学誌「Journal of Sexual Medicine(性医学)」の今月号に掲載された。(HealthDay News 9月16日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=643069
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ消えないシミとされてきた真皮のシミの改善メカニズムを発見/ナリス化粧品
セ耐酸性カプセル入りビフィズス菌を摂取による血液透析患者の便秘改善と心理変化による QOL 向上作用を明らかに/森下仁丹
セFDA諮問委員会が女性用性欲促進剤の承認を勧告
関連ワードで検索
性欲プラセボ改善
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
3.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
4.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
5.三重県産の本真珠を溶かし込んだ美容酢
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO