健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

女性のにきびをもたらす要因


[2010/09/24]

にきび(アクネ)は、最も一般的な皮膚疾患だが、危険なものではない。しかし、永久的な瘢痕(はんこん)を残す可能性がある。

Womenshealth.govのウェブサイトでは、女性のにきび発症をもたらす要因として下記のものを挙げている:
・思春期におけるホルモンレベルの変化。
・月経中や経口避妊薬の服用中止後にみられるホルモンレベルの変化。
・一部の抗うつ薬やてんかん治療薬を含む特定の治療薬。
・化粧。
・皮膚に対する摩擦や圧迫。
(HealthDay News 9月9日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=642761
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セブラジルにおける化粧品素材事業について/住友商事
セ台湾におけるスキンケア化粧品の販売開始について/第一三共ヘルスケア
セDIC 子会社サンケミカル社の化粧品顔料が、天然系化粧品の欧州統一基準「COSMOS」認証を取得/DIC
関連ワードで検索
にきびアクネ皮膚疾患瘢痕ホルモンレベル化粧
ソ今週のアクセスランキング
1.犬用健康補助食品「『ペットラボ』皮ふ健康サポート」を新発売/アサヒカルピスウェルネス
2.睡眠時無呼吸のセルフケア
3.サッポログループがAI(人工知能)を活用。問い合わせ者・回答者の両方の負荷を軽減へ/野村総合研究所
4.ダイエットサポート飲料「コバラサポート グレープフルーツ風味」を発売/大正製薬
5.オフィスワーカー、研修医ではビタミンD欠乏リスクが高い
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO