健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

女性のにきびをもたらす要因


[2010/09/24]

にきび(アクネ)は、最も一般的な皮膚疾患だが、危険なものではない。しかし、永久的な瘢痕(はんこん)を残す可能性がある。

Womenshealth.govのウェブサイトでは、女性のにきび発症をもたらす要因として下記のものを挙げている:
・思春期におけるホルモンレベルの変化。
・月経中や経口避妊薬の服用中止後にみられるホルモンレベルの変化。
・一部の抗うつ薬やてんかん治療薬を含む特定の治療薬。
・化粧。
・皮膚に対する摩擦や圧迫。
(HealthDay News 9月9日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=642761
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ化粧水と乳液のうるおいを1本にした薬用化粧液を発売/カネボウ化粧品
セヨーロッパ初の研究拠点「 研究所 フランス分室 」 をリヨンに設置/コーセー
セブラジルにおける化粧品素材事業について/住友商事
関連ワードで検索
にきびアクネ皮膚疾患瘢痕ホルモンレベル化粧
ソ今週のアクセスランキング
1.世界初 メール便対応ワンタッチ化粧箱を開発/E.N.P.製薬
2.便通を改善する特定保健用食品の粉末緑茶が新発売
3.植物性ナノ型乳酸菌SNK利用によるマウスTh17細胞の産生抑制を確認/IHM
4.「虫よけ商品」販売業者4社に対する景品表示法に基づく措置命令/消費者庁
5.体の大きい男性は悪性度の高い前立腺がんになりやすい?
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2017 All Rights Reserved.
健康美容EXPO