健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

女性のにきびをもたらす要因


[2010/09/24]

にきび(アクネ)は、最も一般的な皮膚疾患だが、危険なものではない。しかし、永久的な瘢痕(はんこん)を残す可能性がある。

Womenshealth.govのウェブサイトでは、女性のにきび発症をもたらす要因として下記のものを挙げている:
・思春期におけるホルモンレベルの変化。
・月経中や経口避妊薬の服用中止後にみられるホルモンレベルの変化。
・一部の抗うつ薬やてんかん治療薬を含む特定の治療薬。
・化粧。
・皮膚に対する摩擦や圧迫。
(HealthDay News 9月9日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=642761
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ横浜・みなとみらい21で新研究所の起工式を実施 /資生堂
セ百貨店を中心に展開するブランドからパウダーファンデと化粧下地を発売/カネボウ化粧品
セ鶴ヶ島市 ふるさと納税 返礼品で好評の「サフラン配合コスメ」製造販売を開始/フッカーコスメチックス
関連ワードで検索
にきびアクネ皮膚疾患瘢痕ホルモンレベル化粧
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.軟骨と筋肉に役立つ食品成分の組み合わせが中高年の通常歩行速度を上昇させることを確認/サントリーウエルネス
3.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
4.東京大学との連携協定締結について/東洋新薬
5.MRI検査の特性と診断可能な疾患
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO