健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

女性のにきびをもたらす要因


[2010/09/24]

にきび(アクネ)は、最も一般的な皮膚疾患だが、危険なものではない。しかし、永久的な瘢痕(はんこん)を残す可能性がある。

Womenshealth.govのウェブサイトでは、女性のにきび発症をもたらす要因として下記のものを挙げている:
・思春期におけるホルモンレベルの変化。
・月経中や経口避妊薬の服用中止後にみられるホルモンレベルの変化。
・一部の抗うつ薬やてんかん治療薬を含む特定の治療薬。
・化粧。
・皮膚に対する摩擦や圧迫。
(HealthDay News 9月9日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=642761
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ世界初 メール便対応ワンタッチ化粧箱を開発/E.N.P.製薬
セタイ王国におけるスキンケア化粧品の販売開始について/第一三共ヘルスケア
セニキビ・肌あれなどを1本でマルチに防ぐ、薬用化粧水を発売/資生堂ジャパン
関連ワードで検索
にきびアクネ皮膚疾患瘢痕ホルモンレベル化粧
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.薬事法施行規則第12条第1項に規定する試験検査機関について/厚生労働省
3.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
4.ココナッツオイルとチアシードを配合したプリンを発売/紀文食品
5.イズミヤ株式会社及び株式会社牛肉商但馬屋に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO