健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

鳥インフルエンザ検出に訓練されたマウスやイヌを活用


[2010/09/08]
鳥インフルエンザ検出に訓練されたマウスやイヌを活用

訓練を受けたマウスを活用することにより、アヒルの鳥インフルエンザを検出できることが、新しい研究で明らかになった。

米ボストンで開催された米国化学学会(ACS)でこの知見を報告した米国農務省(USDA)のBruce A. Kimball氏は「今回の結果をもとに、マウスと同様イヌを訓練し、様々な疾患や健康状態を同定できると考えている」と述べている。

研究では、Kimball氏は米モネルMonell化学感覚センター(フィラデルフィア)の研究者らとともに、マウスに対し、迷路内で感染していないアヒルの糞の選択肢を与えた際に90%以上の確率で感染した糞を見つけるよう訓練することに成功。マウスが感染した試料を正しく同定した場合は報酬として水を与えた。

同氏は「この知見には、2つの幅広い現実的な応用が考えられる。まず、疾患を検出するよう訓練したイヌを用いて糞や土、その他の環境試料をスクリーニングすることで、インフルエンザウイルスの出現や蔓延に関する早期警告が示されると考えられる。次に、マウスが感知する特異的な匂い分子を同定し、それを検出する実験器具や現場での検出器を開発することができる」と述べている。

鳥インフルエンザはニワトリや七面鳥、アヒルなどの鳥を死亡させる可能性がある。まれにヒトに感染する場合もあり、ヒトへの感染は世界的流行を引き起こす懸念がある。(HealthDay News 8月26日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=642419
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ第72回日本栄養・食糧学会大会における研究発表告知(2演題)/丸善製薬
セ鳥インフルエンザの清浄化について/農林水産省
セイヌリン配合の機能性表示食品の飲料を発売/サントリー食品インターナショナル
関連ワードで検索
鳥インフルエンザ検出マウスイヌ研究
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.国立科学博物館で「美顔水」「明色クリンシンクリーム」が展示/桃谷順天館
3.サメ軟骨健康食品の訪問販売業者に対する指示について/埼玉県
4.日本マクドナルドに対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
5.頭皮への電気パルスで記憶力アップ
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO