健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

乳癌(がん)や卵巣癌に関連するBRCA2遺伝子の内部機能が判明


[2010/09/01]
乳癌(がん)や卵巣癌に関連するBRCA2遺伝子の内部機能が判明

科学者らが初めて、BRCA2遺伝子によりコードされている非常に長い蛋白(たんぱく)の単離に成功した。この遺伝子の機能障害は、乳癌(がん)や子宮癌のリスクを増大させる可能性がある。ヒトの細胞の残余コンポーネント(構成要素)からこの蛋白を分離することによって、より詳細な研究を行うことができ、体内でどのような働きをしているのかが解明できるという。

米カリフォルニア大学デービス校癌センター分子腫瘍学プログラム副責任者のWolf-Dietrich Heyer氏は「BRCA2は非常に大きな蛋白であるため、異なるドメインが多数あり、それらが協調して働く方法はまったく判明していない。この蛋白全体が精製されたことで、ようやくそのメカニズムの分析を実際に開始することができる」と述べている。この分析は、乳癌や卵巣癌の基礎の解明につながり、いつの日にか予防や治療法の改善に道を開くものと期待される。

BRCA1遺伝子とBRCA2遺伝子は15年ほど前に発見されたが、科学者らはその内部構造の解明に苦労してきた。数年の労苦を経て、その内部構造の一部が明らかにするため、3,418のアミノ酸で構成されるこの蛋白を精製することができた。BRCA2は、DNAの破損が確実に正しく修復されるように、他の蛋白RAD51と特定の方法で結合しているという。

研究結果は、医学誌「Nature Structural & Molecular Biology(ネイチャー形態&分子生物学)」オンライン版に8月22日掲載された。同氏の論文は別の2本の論文と関連し、1本は同誌、もう1本は英科学誌「Nature」のオンライン版に8月22日掲載された。(HealthDay News 8月22日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=642364
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ環境問題の大きい地域ではがんリスクが高い
セ便潜血陽性で内視鏡検査を先延ばしにすると大腸がんリスク上昇
セ低脂肪食により高額ながん治療薬の吸収率が向上する可能性
関連ワードで検索
がん遺伝子乳癌卵巣癌
ソ今週のアクセスランキング
1.『雪肌精 MYV コンセントレート トリートメント』発売/コーセー
2.薬事法施行規則第12条第1項に規定する試験検査機関について/厚生労働省
3.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
4.老化治療の最前線をテーマに2トップが講演
5.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO