健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

太極拳が線維筋痛症の身体的、精神的症状の緩和に有用


[2010/08/30]
太極拳が線維筋痛症の身体的、精神的症状の緩和に有用

線維筋痛症(fibromyalgia: フィブロマイアルジア)患者の慢性疼痛が太極拳をすることによって軽減する可能性が、医学誌「New England Journal of Medicine」8月19日号に掲載された新しい研究によって示された。

研究では、米タフツ大学メディカルセンター(ボストン)リウマチ学部内科准教授のChenchen Wang博士らは、線維筋痛症患者66例を2群に分け、1群には太極拳の1時間のセッションを週1回、12週間行い、もう1群は週2回の健康教育のクラスを受け、その後軽いストレッチを行った。

12週目の終わりに、太極拳群の被験者は、線維筋痛症の身体的および精神的症状に関する質問票のスコア改善を報告した。報告には、疼痛の軽減や疼痛なしで日課を遂行する能力の増大、疲労や抑うつ、不安の軽減、QOL(生活の質)の全体的な改善に関する内容が含まれていた。患者は、睡眠の質の向上および身体状態の改善も報告しており、改善効果は24週目でも明白であった。

Wang氏は「太極拳の作用について決定的な答えはまだ出ていない」としながらも、「太極拳の身体的要素は有酸素能力、強度、筋機能を改善することができる。しかし、個人的意見としては、最も重要な部分は精神的なものである」と述べている。今回の研究は、米国立衛生研究所(NHI)の米国立補完代替医療センター(NCCAM)の資金提供を受けて行われた。

線維筋痛症は広範囲の疼痛、疲労、不眠、複数の圧痛点という特徴を持つ。“線維筋痛症フォッグfibromyalgia fog”と呼ばれることもある不安や抑うつ、記憶障害や集中力の欠如などの心理的問題が生じるケースもある。米国での線維筋痛症患者数は約1,000万人といわれ、このうち女性が約75〜90%を占めている。

米ハーバード大学(ボストン)医学部助教授のGloria Yeh博士は同誌の付随論説で、「医師は治療のために運動や睡眠衛生(sleep hygiene)のテクニック、薬物療法を勧めることが多いが、効果は限られていることが多い。太極拳は負担が少なく、リラックスして行うことができる手近な活動であり、他の運動形式が選択できない衰弱した線維筋痛症患者にとって完璧な運動であるかもしれない。また、瞑想的な要素があるので、疾患に関連するストレスや不安への対処にも有用である可能性がある」と述べている。(HealthDay News 8月18日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=642242
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ緩和ケアで併存疾患のあるがん患者の入院費削減
セユーグレナの継続摂取でインフルエンザ症状の緩和を示唆する研究結果を確認/ユーグレナ
セ機能性表示解禁の動向について
関連ワードで検索
太極拳.繊維筋痛症緩和
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.ヘアを蘇らせる”炭酸トリートメント”機器を美容室向けに新発売
4.目もとと頬を輝きで彩るアイカラー、チークカラー新発売
5.三重県産の本真珠を溶かし込んだ美容酢
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO