健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

肝斑(かんぱん)を防ぐ方法


[2010/08/27]

皮膚にできる黒ずんだしみは肝斑(かんぱん)と呼ばれているが、通常は危険なものではない。加齢の一般的な徴候であり、肝臓とは無関係である(※形状が肝臓に似ているために肝斑と呼ばれるとの説も)。

ほとんどの場合、日光への曝露が最も多かった領域に発生する。

米国立医学図書館(NLM)は日光による損傷から皮膚を守り、しみを防ぐ方法として下記のようなものを勧めている:
・できるだけ心地よい範囲内で皮膚を衣類でカバーし、顔を保護するためにつばの広い帽子をかぶる。
・目を保護するためにサングラスをかける。
・日中の最も太陽光線が強いときには外出しない。
・日焼け防止指数(SPF)が30以上の日焼け止めを使用する。
・冬場であっても日焼け止めを使用し、外出する30分前に皮膚に塗り込む。1日を通して塗り直す。
(HealthDay News 8月12日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=641830
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セメンズ ボディソープ「AGICA GLAND-TEX5.0」を発売/スタジオライン
セ子供とママが一緒に使える!「紫外線予防」と「虫よけ対策」が同時に出来るパウダーを新発売/ローザ特殊化粧料
セ汗に触れると紫外線カット機能が向上する日焼け止め製剤を開発/ポーラ化成工業
関連ワードで検索
肝斑(かんぱん)しみ加齢日光曝露日焼け止め
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.健康食品 電話勧誘販売 LFコーポレーションに業務停止命令(3か月)/消費者庁
3.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
4.株式会社ミス・パリ/エステティック業界初 東京大学とミスパリ 共同研究開始
5.イズミヤ株式会社及び株式会社牛肉商但馬屋に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO