健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

スタチンや鎮痛薬はPSAの検査結果を混乱させる


[2010/08/17]
スタチンや鎮痛薬はPSAの検査結果を混乱させる

米国で最も広く処方されているコレステロール低下薬のスタチンや特定の鎮痛薬が前立腺癌(がん)スクリーニングテストの結果を歪(ゆが)め、診断エラーを引き起こす可能性があることが、新しい研究によって示された。前立腺癌の診断は通常、PSA(前立腺特異抗原)値の上昇に基づいて行われるが、今回の研究では、これらの薬剤によってPSA値が低下する可能性が示された。

米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院/ハーバード大学医学部(ボストン)のSteven L. Chang博士らは、40歳以上で前立腺癌の既往のない男性1,864人を対象に、10種類の一般的な薬剤がPSA検査測定値に及ぼす影響を検討した。

その結果、NSAID(非ステロイド性抗炎症薬)、スタチンまたはサイアザイド系利尿薬を1年間服用していた男性のPSA測定値はいずれの薬剤も使用しなかった男性に比べ、それぞれ1、3、6%低かった。5年後のこの数値は有意に高く、それぞれ6、13、26%となった。スタチンと利尿薬を5年間併用すると、PSA値は36%低下した。ただし、高血圧症に処方されることの多いカルシウム拮抗(Ca)薬の服用によりその影響は中和された。

Chang氏は「これらの薬剤がPSA低値と関連する理由は不明であるため、この知見の真の意義を現時点で決定することはできない。今後の研究で、PSAの差が前立腺癌発現に関係ないことが判明すれば、NSAIDやスタチン、サイアザイド系利尿薬を服用している男性では、前立腺の針生検を推奨するPSA閾値を下げる必要があるかもしれない」と述べるとともに、これらの薬剤に実は癌の予防効果があるとも推測している。

米デューク大学メディカルセンター(ノースカロライナ州)泌尿器外科助教授のLionel L. Banez博士は「これは前立腺癌スクリーニングの際の交絡因子となりうる。これらの薬剤を、特に長期間服用している患者ではPSAの結果の解釈に注意を払う必要がある」と述べている。また別の専門家は「1回のPSA測定値は正確な情報を与えるものではない。何年間か傾向を追跡しなければならない」と述べている。

研究結果は、医学誌「Journal of Clinical Oncology(臨床腫瘍学)」オンライン版に8月2日掲載された。(HealthDay News 8月6日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=641798
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ化粧品の臨床検査、モニタリングを行う企業の子会社化について/東洋ビューティ
セ血液検査で肺がん再発を検出、画像検査より数カ月早い可能性
セニュートリーから大腸検査用の検査食「サンケンクリン」の営業権を取得/キユーピー
関連ワードで検索
鎮痛剤前立腺がん検査
ソ今週のアクセスランキング
1.犬用健康補助食品「『ペットラボ』皮ふ健康サポート」を新発売/アサヒカルピスウェルネス
2.睡眠時無呼吸のセルフケア
3.サッポログループがAI(人工知能)を活用。問い合わせ者・回答者の両方の負荷を軽減へ/野村総合研究所
4.ダイエットサポート飲料「コバラサポート グレープフルーツ風味」を発売/大正製薬
5.オフィスワーカー、研修医ではビタミンD欠乏リスクが高い
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO