健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

睡眠時無呼吸の徴候


[2010/08/11]

大きないびきが最も顕著な特徴とされる睡眠時無呼吸は、睡眠時に呼吸が一時的に停止するか、浅くなり発生する。睡眠時無呼吸は、しばしば睡眠の質の悪化や日中に著しい疲労感をもたらす原因となる。

米国立心肺血液研究所(NHLBI)は、睡眠時無呼吸の一般的な症状として、下記のようなものを挙げている:
・一時的に途切れる非常に大きな、持続性のいびき。一時的な呼吸停止の後に、窒息しそうなあえぎ音が続く。
・仰向けで睡眠した際にいびきが悪化する。
・日中に眠気が襲う。
・朝目覚めたときに頭痛がある、もしくはのどが乾燥している。
・集中や学習、記憶することが困難となる。
・いらいら感や抑うつがある、または人格が変化する。
(HealthDay News 7月30日)

記事原文: http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=641387
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ睡眠について
セ子どもの風邪が抜けきらない場合はアレルギーの可能性
セネットいじめに遭っている子どもの徴候
関連ワードで検索
睡眠時無呼吸症徴候いびき
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
4.キムチ由来の植物性乳酸を化粧品用途でも本格展開
5.貿易部、オーガニック食品部を設立。原料販売の拡販、オーガニック食品の需要に本格対応/テルヴィス
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO