健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

子どもを日焼けから守る


[2010/07/23]

子どもの敏感な肌は、日焼けの痛みや皮膚へのダメージを避けるために、太陽光から守る必要がある。

米国小児科学会(AAP)は、子どもを日焼けから守る方法として、下記のようなものを勧めている:

・日焼けはうす曇りの日でも起こる可能性がある。強く輝く太陽だけが日焼けを起こすわけではない。
・日焼け防止指数(SPF)が15以上の日焼け止めを使用する。子どもが外出する30分前に塗り、1日を通して塗りなおす。
・腕や脚を覆うことができる、涼しくて軽い木綿の衣服で皮膚をカバーする。
・子どもが常に日陰にいられるよう、ビーチパラソルを利用する。
・つばの広い帽子をかぶせる。
・乳児(6カ月未満)は、決して直射日光に当たらせてはいけない。
・直射日光が強い日には、午前10時から午後4時まで日光を避けるようにさせる。
(HealthDay News 7月7日)

記事原文: http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=640766
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ豆やナッツ類は、3歳頃までは食べさせないようにしましょう!/消費者庁
セ個包装形態に変更「苦い薬を飲みやすくするチョコ」を発売/森永製菓
セ子供とママが一緒に使える!「紫外線予防」と「虫よけ対策」が同時に出来るパウダーを新発売/ローザ特殊化粧料
関連ワードで検索
日焼け子供予防防止
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.高血圧にヨガが有効
3.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
4.2/21 機能性表示食品の届出情報(グッとナイト/ラフマ由来ヒペロシド・ラフマ由来イソクエルシトリン《健康家族》)等[追加2製品 / 合計1,305製品]/消費者庁
5.(参加者募集)11/25 第11回機能性表示食品制度における機能性関与成分の取扱い等に関する検討会/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO