健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

子どもを日焼けから守る


[2010/07/23]

子どもの敏感な肌は、日焼けの痛みや皮膚へのダメージを避けるために、太陽光から守る必要がある。

米国小児科学会(AAP)は、子どもを日焼けから守る方法として、下記のようなものを勧めている:

・日焼けはうす曇りの日でも起こる可能性がある。強く輝く太陽だけが日焼けを起こすわけではない。
・日焼け防止指数(SPF)が15以上の日焼け止めを使用する。子どもが外出する30分前に塗り、1日を通して塗りなおす。
・腕や脚を覆うことができる、涼しくて軽い木綿の衣服で皮膚をカバーする。
・子どもが常に日陰にいられるよう、ビーチパラソルを利用する。
・つばの広い帽子をかぶせる。
・乳児(6カ月未満)は、決して直射日光に当たらせてはいけない。
・直射日光が強い日には、午前10時から午後4時まで日光を避けるようにさせる。
(HealthDay News 7月7日)

記事原文: http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=640766
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ汗に触れると紫外線カット機能が向上する日焼け止め製剤を開発/ポーラ化成工業
セ12歳未満で1つの競技に専念すると怪我リスクが高い?
セ子どもの靴を買うときのヒント
関連ワードで検索
日焼け子供予防防止
ソ今週のアクセスランキング
1.健康経営に優れた上場会社22社「健康経営銘柄」を発表/経済産業省
2.ライフサポートに対する景品表示法に基づく措置命令等について/消費者庁
3.家庭用医療機器 訪問販売業者に業務一部停止命令/消費者庁
4.北欧の森と湖が生んだ”1000歳”の天然美容商材
5.イズミヤ株式会社及び株式会社牛肉商但馬屋に対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO