健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

子どもを日焼けから守る


[2010/07/23]

子どもの敏感な肌は、日焼けの痛みや皮膚へのダメージを避けるために、太陽光から守る必要がある。

米国小児科学会(AAP)は、子どもを日焼けから守る方法として、下記のようなものを勧めている:

・日焼けはうす曇りの日でも起こる可能性がある。強く輝く太陽だけが日焼けを起こすわけではない。
・日焼け防止指数(SPF)が15以上の日焼け止めを使用する。子どもが外出する30分前に塗り、1日を通して塗りなおす。
・腕や脚を覆うことができる、涼しくて軽い木綿の衣服で皮膚をカバーする。
・子どもが常に日陰にいられるよう、ビーチパラソルを利用する。
・つばの広い帽子をかぶせる。
・乳児(6カ月未満)は、決して直射日光に当たらせてはいけない。
・直射日光が強い日には、午前10時から午後4時まで日光を避けるようにさせる。
(HealthDay News 7月7日)

記事原文: http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=640766
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ車のドアガラス越しの日焼けに注意 ―皮膚と眼を害する可能性
セサンガード 25 ホワイトニングUV(医薬部外品)限定販売/ファンケル化粧品
セ皮膚のビタミンD生成能力は日焼けにより制限される
関連ワードで検索
日焼け子供予防防止
ソ今週のアクセスランキング
1.糖質70%以上オフのパンの詰め合わせを発売
2.1/14 機能性表示食品の届出情報(朝食 BifiXヨーグルト)[江崎グリコ]等 追加7製品を公表)合計187製品に/消費者庁
3.腸内の善玉菌が少ないとうつ病リスクが高いことを明らかに/ヤクルト本社
4.独自素材パセノール(TM)原料販売を開始/森永製菓
5.日本初の吸着保湿処方 保湿成分が洗い流されないボディソープを発売/ライオン
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO