健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

頭が大きいほどアルツハイマー病の発現が遅い?


[2010/07/20]
頭が大きいほどアルツハイマー病の発現が遅い?

頭が大きい人のほうがアルツハイマー病の発現が遅いことが、新しい研究によって示唆された。脳が大きいほうが予備の認知能力が高いことがおそらくその理由であるという。

研究共著者である米ボストン大学医学部のLindsay Farrer氏は「頭のサイズと脳のサイズ、アルツハイマー病の悪化速度が関連するかどうかは不明だが、関連があるとすれば、同疾患に対する個別化治療の道が開かれる可能性がある。最終的な目標は、アルツハイマー病を早期に発見し、薬物療法をより効果的に用いることである」と述べている。

今回の研究は、脳のサイズと、アルツハイマー病などの疾患によりニューロンが変性したときに “不足を補う”ために利用可能な他のニューロン数との関連を模索したもの。Farrer氏らは、アルツハイマー病患者270人の医療記録を調べ、脳萎縮、頭囲(脳サイズの指標)と疾患経過との関連を検討した。

研究結果を患者の年齢や民族などの因子に影響されないよう調整後、頭の大きい患者では脳萎縮が少ない傾向がみられ、認知症もそれほど進行していなかった。頭の大きい人と小さい人の差は統計学的観点から見ると有意であるが、Farrer氏は、脳全体としての機能におけるこの差の意味を正確に記述することはできないとしている。

研究著者であるドイツ、ミュンヘン工科大学のRobert Perneczky博士は「脳のサイズと疾患の速度に関連があるとすれば、頭が大きいと脳も大きく、神経細胞が多く、細胞間の連結も多いことが1つの可能性として考えられる」と述べている。研究結果は、医学誌「Neurology(神経学)」7月13日号に掲載された。

米ワシントン大学医学部(セントルイス)神経科のCatherine Roe氏は「今回の研究は有効かつ有用であり、脳のサイズと脳の委縮、アルツハイマー病の進行という3つのことが関連していることを示唆している。頭のサイズがどうであれ、要は、生涯にわたって脳をできる限り健康な状態に保つことが重要である」と述べている。(HealthDay News 7月12日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=641026
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ失業や再就職により脳卒中リスクが上昇 ―日本人研究
セ脳卒中直後の頭部位置は回復に影響せず
セ元NFL選手30人が研究のため脳提供を表明
関連ワードで検索
アルツハイマー病薬物療法?
ソ今週のアクセスランキング
1.薬効イメージ強化した「タフマン スーパー」誕生/ヤクルト本社
2.健康食品開発の米社に出資/電通ベンチャーズ
3.6/19 機能性表示食品の届出情報(イチョウ葉 脳内αディーエイチシー])追加1製品を公表/消費者庁
4.抗菌剤として特許取得のホタテパウダー使用のインソール『抗菌ソールEX』を新発売/スプレンダーISO
5.「パロアッスル」抗肥満作用の新知見を発表/IHM
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO