健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

3本足のイヌがロボット設計に役立つ


[2010/07/15]
3本足のイヌがロボット設計に役立つ

“損傷”を負ったときに適応できるロボットの設計に役立てるため、3本足のイヌの運動を対象とした研究結果が、チェコ、プラハで開催された実験生物学会(SEB)年次集会で発表された。

ドイツ、イエナJena大学のMartin Gross氏らは、最先端の赤外線カメラを用いて前肢または後肢を失ったイヌがトレッドミルを歩行または走行する際の運動を記録した。試験の結果、イヌはどの肢を失ったかにより、異なる対処方法をとっていることが判明した。

例えば、後肢をなくした場合よりも前肢をなくした場合のほうが、対処が難しい。前肢を切断した場合、残った肢を互いに連携するように慎重に適応させる、いわゆる“歩行の代償(gait compensation)”と呼ばれるプロセスをとる必要がある。これに対し、後肢を切断した場合は、前肢が4本肢のイヌと同様正常に動作し続けるため、代償戦略をとる必要はほとんど、あるいはまったくない。

代償戦略の差は、イヌの前肢のほうが後肢よりも支える体重が大きいことによるものと思われる。(HealthDay News 6月30日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=640557
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ第29回日本動物実験代替法学会で「優秀ポスター賞」を受賞/ダイセル
セ睡眠障害が危険な不整脈のリスクに関連
セ運動しようと思い立ったら「十分なサポート体制」の構築を
関連ワードで検索
障害研究運動??イヌ
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセー「スティーブンノル コレクション」ヘアケアがリニューアル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.鶴ヶ島市 ふるさと納税 返礼品で好評の「サフラン配合コスメ」製造販売を開始/フッカーコスメチックス
4.アルツハイマー病にみられるプラークは心臓にも有害
5.サントリーフーズから自販機事業を承継する新会社設立/サントリー食品インターナショナル
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO