健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

外科研修医の労働時間制限がトレーニングや患者ケアに悪影響


[2010/07/08]
外科研修医の労働時間制限がトレーニングや患者ケアに悪影響

スイスで施行されている外科研修医対象の週50時間という労働時間制限は、外科トレーニングや患者ケアの質に悪影響を及ぼすことが、新しい研究で示唆された。

2005年に導入された法によると、病院を中心とした研修医や顧問医の労働時間は休憩を含めて1日14時間以内とし、1日あたり連続11時間以上休息させなければならない。この規則は、外科医間で熱い論議をかもしている。

スイス、バーゼル大学病院のAdrian Businger博士らは今回、52の外科部門の研修医221人と顧問医184人が2006年に記入した調査回答を分析し、以下の知見を得た:

・研修医の労働時間は平均55時間/週で、研修医のほうが顧問医よりもこの時間制限に満足していた(平均スコア100点中それぞれ52、41点)。
・研修医の8.1%、顧問医の4.9%のみこの時間制限が外科トレーニングに有益と考え、それぞれ62.8%、77.2%は悪影響があると答えた。
・研修医の43%、顧問医の70.1%は、この規制によって患者ケアの質が低下すると考えており、手術時間(研修医76.9%、顧問医73.4%)や手術室での経験(それぞれ73.8%、84.8%)にも悪影響が及ぶとした。
・研修医の58.4%、顧問医の81.5%は、研修医の生活の質(QOL)が改善したと答えた。

Businger氏らは「外科教育および患者ケアに対する明らかな悪影響を考えれば、生活の質の改善は目立たない成果である。研修医や顧問医はトレーニングや教育の質が低下したと考え、外科トレーニングのあらゆる側面に悪影響があると評価した。この知見は、労働時間の制限が失敗であることを示唆している」と述べている。研究結果は、医学誌「Archives of Surgery(外科学)」6月号に掲載された。(HealthDay News 6月22日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=640307
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ筋力トレーニングで中年男性の骨粗鬆症リスクが低減
セトレーニング支援サービス「Runtastic for docomo」提供/NTTドコモ
セ綺麗な姿勢とウエストサイズ減少を短期間でアプローチする「腹圧体幹トレーニングマシン PELVOT(ペルボット)」を発売/クラブクリエイト
関連ワードで検索
外科研修医労働時間トレーニング患者ケア
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.クラウドファンディングで機能性食品開発サポート
4.ヘアを蘇らせる”炭酸トリートメント”機器を美容室向けに新発売
5.目もとと頬を輝きで彩るアイカラー、チークカラー新発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO