健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

第5病とは


[2010/06/18]

第5病(伝染性紅斑:リンゴ病)は、主に学齢期の子どもが罹患するウイルス性疾患の呼称で、ヒトパルボウイルスB19によって引き起こされる。通常は軽度な疾患だが、妊婦が罹患すると胎児に甚大な害を及ぼす場合がある。

米国立医学図書館(NLM)は、第5病の一般的な症状として下記のようなものを挙げている:
・平手打ちをくらったように頬(ほお)が真っ赤になる。
・レース模様に似た赤い発疹が頬から始まり、最終的に腕や脚にまで広がる。
・発熱。
・関節痛。
・一時的な貧血。
(HealthDay News 6月4日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=639567
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ワードで検索
リンゴ病ウイルス性疾患
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.MRI検査の特性と診断可能な疾患
3.甘酒 味・パッケージ変更後の売上約2倍に(2014年度 7・8月比)/マルコメ株式会社
4.スマート乳酸菌(R)の抗アレルギー効果について日本乳酸菌学会で発表/丸善製薬
5.大阪市立大学と共同研究 特定の嗅覚受容体が抗疲労技術に関わる可能性を示唆/花王
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO