健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

海綿を利用した新しい抗癌薬が転移性乳癌(がん)に効果示す


[2010/06/16]
海綿を利用した新しい抗癌薬が転移性乳癌(がん)に効果示す

海綿(sea sponge)から作られた新しい化学療法薬eribulin(エリブリン)によって転移性乳癌(がん)女性患者の全生存期間(OS)中央値が約2.5カ月延長したことが、第3相無作為化試験で示され、米シカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次集会で発表された。

英リーズ大学分子医学研究所臨床癌薬理学・腫瘍学教授で臨床癌研究グループ長のChristopher Twelves博士は、「新しい治療法に対する需要は大きい。この種の改善がまれにしかみられない状況で、全生存期間に対し統計学的に有意な有益性が認められた。eribulinは、細胞が分裂するメカニズムを標的とする点で従来の薬剤と異なる」と述べている。

Twelves氏らは今回、女性患者762人を、eribulin投与群(508人)または“医師による選択治療法”群(254人)のいずれかに無作為に割り付けた。後者は、この種の癌の標準的な治療法がないためであり、ほぼ全例が別の化学療法を用いた。被験者はすでに癌に対する多くの治療を受けており、平均4種類の化学療法の経験があった。

研究の結果、eribulin投与群では全生存期間中央値が23%改善し、13.1カ月であったが、医師選択治療法群では10.7カ月であった。同氏は「これらの結果から、eribulinが多くの前治療歴のある乳癌女性に対する新しい有効な治療法であることが確立される可能性がある」と述べている。同氏は、eribulinの製造メーカであるエーザイ()との財務関係を開示している。(HealthDay News 6月6日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=639876
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ低脂肪食により高額ながん治療薬の吸収率が向上する可能性
セ 腰痛治療の新ガイドライン ―まずは薬物療法以外を
セ老化治療の最前線を走る博士が、都内で来日講演
関連ワードで検索
乳癌海綿治療
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.機能性表示食品の減塩ロースハム、ハーフベーコンを発売/日本ハム
3.緑イ貝にアスピリンより強力とのエビデンス
4.3/16 機能性表示食品の届出情報(歩くチカラ[ハルメク]等 追加5製品を公表)/消費者庁
5.3/15 機能性表示食品の届出情報(ぱぱゼリーA ピーチ味[伊那食品工]等 追加6製品を公表)/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO