健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

運動誘発性喘息を予防する


[2010/06/11]

一部の人では、運動が喘息症状を悪化させたり、喘息症状を誘発することさえもある。

米国立医学図書館(NLM)は、運動誘発性喘息を予防する方法として下記のようなものを挙げている:
・冷たい、乾燥した空気の屋外で運動する場合は、スカーフで口を包むようにし、鼻で呼吸をする。
・大気汚染度が高い場合は運動をしない。
・芝刈りをした直後の芝生の近くでは運動をしない。
・運動前のウォームアップと運動後のクールダウンを毎回必ず行なう。
・水泳や野球など、他の運動に比較して喘息を悪化させることが少ない運動を行なう。
・バスケットボールやジョギング、サッカーのように常に動かなければならない運動は避ける。
(HealthDay News 5月27日)

記事原文: http://www.healthday.com/Article.asp?AID=639330
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ屋外で長時間過ごすと近視予防に?
セ「データヘルス・予防サービス見本市 2016」申込受付開始/厚生労働省
セ認知症予防が今後のトレンド〜ブレンドアロマをPB商品として供給〜/アルファーポイント
関連ワードで検索
ぜん息予防方法
ソ今週のアクセスランキング
1.コーセーとセブン-イレブン共同企画の「雪肌粋(せっきすい)」発売
2.アメリカ産テフ Maskal Teff(マスカルテフ)の販売を開始/ノルデステ
3.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
4.術後の静脈血栓塞栓症リスクは従来考えられていたよりも大きい
5.MRI検査の特性と診断可能な疾患
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO