健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

激しい運動がアポトーシスを停止させる


[2010/05/26]
激しい運動がアポトーシスを停止させる

激しい運動がアポトーシス(プログラムされた細胞死)を停止させることが、新しい研究によって示唆された。

イタリア、ローマ大学のGabriella Marfe氏らの研究で、マラソンを走り終えたばかりのアスリートではアポトーシスが生じないことが判明した。同氏は「アポトーシスは、その多くが激しい運動によって調節される多様な信号に依存する正常な生理学的機能である。トレーニングの重要な調節役となるサーチュイン(sirtuin)ファミリー蛋白(たんぱく)の発現を運動が調節することを初めて示したものである」と述べている。

Marfe氏らは、42.195キロマラソンに参加した男性アスリート10人から血液を採取し、レース後にプロアポトーシス遺伝子と抗アポトーシス遺伝子の発現のバランスが変化することを発見した。同氏らは、サーチュインファミリー蛋白が運動を介して細胞死を予防する保護作用を有する可能性があると考えている。

ただし、Marfe氏は「トレーニング経験のないアマチュアのアスリートは専門家のアドバイスも受けずにハードトレーニングを行いがちだが、そのような激しくかつ消耗的な運動は健康に有害である」と注意を促している。同氏らは、有益性のある効果を得るためには、生涯続ける養生法の一部として専門家の医学的アドバイスと監視のもとで運動するよう勧めている。研究結果は、医学誌「BMC Physiology(生理学)」5月10日号に掲載された。(HealthDay News 5月11日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=638955
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セマラソンのタイムが早期から低下する人の特徴
セ週末にまとめて運動しても効果はほぼ同じ
セ運動しようと思い立ったら「十分なサポート体制」の構築を
関連ワードで検索
運動アポトーシスマラソン
ソ今週のアクセスランキング
1.健康経営に優れた上場会社22社「健康経営銘柄」を発表/経済産業省
2.ライフサポートに対する景品表示法に基づく措置命令等について/消費者庁
3.薬事法施行規則第12条第1項に規定する試験検査機関について/厚生労働省
4.株式会社タカショーに対する景品表示法に基づく措置命令について/消費者庁
5.ライフサポート「ダイエット食品【消費者庁の措置命令に基づく公示】」/国民生活センター
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO