健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

膿痂疹(のうかしん)の症状と対処法


[2010/05/14]

<一口メモ>

膿痂疹(のうかしん:とびひ)は、一般的な皮膚細菌感染症で、その原因として、疾患やけが、あるいは動物、昆虫、人による咬傷などが挙げられる。

米国立医学図書館(NLM)は、膿痂疹は下記のような合併症を引き起こす可能性があるとしている:
・皮膚以外の部位に感染が広がる。
・膿痂疹の斑点が体全体に広がることがあり、この症状は子どもにみられることが多い。
・まれに、永久的な瘢痕(はんこん)や皮膚傷害を来す。
・腎不全をまれに来すこともある。

感染症が軽度の場合は通常、処方抗菌クリームでの治療が可能だが、より重度のケースでは抗生物質が必要となる。
(HealthDay News 4月30日)

つぶやく
関連ニュース
セ心疾患治療の鍵はコミュニケーションと信頼
セ低脂肪食により高額ながん治療薬の吸収率が向上する可能性
セ 腰痛治療の新ガイドライン ―まずは薬物療法以外を
関連ワードで検索
とびひ治療危険因子
ソ今週のアクセスランキング
1.健康経営に優れた上場会社22社「健康経営銘柄」を発表/経済産業省
2.ライフサポートに対する景品表示法に基づく措置命令等について/消費者庁
3.薬事法施行規則第12条第1項に規定する試験検査機関について/厚生労働省
4.ライフサポート「ダイエット食品【消費者庁の措置命令に基づく公示】」/国民生活センター
5.家庭用医療機器 訪問販売業者に業務一部停止命令/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO