健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

大腸内視鏡検査前の錠剤服用により下剤量が半分に


[2010/05/12]
大腸内視鏡検査前の錠剤服用により下剤量が半分に

多くの人が大腸内視鏡検査を恐れる理由の1つは事前準備の不快さであり、腸内洗浄のために検査前に処方される1ガロン(約3.78リットル※日本では通常2リットル前後)の液剤(下剤)を飲むことを要求されることが多いが、1つの錠剤を服用することで、液剤量が半分ですむ可能性が新しい研究によって示唆され、米ニューオーリンズで開催された米国消化器病週間(DDW 2010)で発表された。

慢性便秘治療薬のlubiprostoneルビプロストン(商品名: Amitizaアミティーザ、日本国内未承認)を製造している米スキャンポ・ファーマシューティカルズ社の資金提供により実施された今回の研究で、米ヘンリー・フォード病院(ミシガン州)消化器病専門医のChetan Pai博士らは、126人にlubiprostoneまたは不活性プラセボのいずれかを投与した。

研究の結果、錠剤と液剤の併用群では、1ガロンのポリエチレングリコールと電解液の混合物投与群に比べて、事前準備に対する良好な耐容性を示した。Pai氏は「よりよい準備方法を医師が提供できれば、救命につながることもある大腸内視鏡検査をより多くの人が受けるようになると思われる」と述べている。

同氏はさらに、大腸癌(がん)症例の約90%が50歳以上の人に発生することを指摘。この年齢群は、大腸内視鏡検査前に処方されることの多い多量の液体を飲むことが特に難しい傾向があるという。(HealthDay News 5月2日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=638656
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ大腸内視鏡検査の前日の絶食は不要?
セ大腸内視鏡検査で進行癌リスクが70%低下
セ乳酸菌配合の飲める腸内洗浄コーヒーが人気/HNS
関連ワードで検索
大腸内視鏡検査腸内洗浄錠剤
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.健康食品 電話勧誘販売 LFコーポレーションに業務停止命令(3か月)/消費者庁
3.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
4.株式会社ミス・パリ/エステティック業界初 東京大学とミスパリ 共同研究開始
5.サマータイム移行が短期的な脳卒中リスク上昇に関連
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO