健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

介助者に必要なリラックス時間


[2010/04/30]

誰の介護をしていようとも、介助者が自分の時間を取るのは必要なことである。毎日ほんの数分リラックスするだけでも気分が良くなり、介護を受ける最愛の人との関係を傷つけるというフラストレーションに陥ることを避けることができる。

米国心臓協会(AHA)は、介助者を後押しする下記のような助言を行っている:
・可能であれば、10分程度、一人で歩く時間を見つける。
・リラックスでき、祈ったり、本を読んだり、音楽を楽しむことのできる静かな場所を家庭の中で決めておく。また、介護者が眠ったり、テレビを観たりしているときなどに、「自分」としての時間をスケジュール化する。
・静かな時間を介護者に邪魔されないようにする。リラックスする時間を取った後は、介護者に報いる。
(HealthDay News 4月16日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=637889
Copyright © 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ就寝前にリラックス!新しい香り「プリンセスナイトローズ」を発売/P&G
セシートタイプのボディメンテナンスアイテムを新発売
セリラックス度を測定し腹式呼吸の鍛錬をサポートする機器『リラックスキット』を本格展開/トライテック
関連ワードで検索
介助者リラックス
ソ今週のアクセスランキング
1.日本肥満学会にて肥満マウスへのパロアッスルの影響を発表/IHM
2.日本人の2人に1人が腸へのストレス持ち
3.高血圧にヨガが有効
4.2/21 機能性表示食品の届出情報(グッとナイト/ラフマ由来ヒペロシド・ラフマ由来イソクエルシトリン《健康家族》)等[追加2製品 / 合計1,305製品]/消費者庁
5.(参加者募集)11/25 第11回機能性表示食品制度における機能性関与成分の取扱い等に関する検討会/消費者庁
<jュース検索
新着 | 健康美容 | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

健康美容EXPO 事務局

会社概要  利用規約  個人情報保護ポリシー

お問合わせ

Copyright(c)2007-2018 All Rights Reserved.
健康美容EXPO