健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

介助者に必要なリラックス時間


[2010/04/30]

誰の介護をしていようとも、介助者が自分の時間を取るのは必要なことである。毎日ほんの数分リラックスするだけでも気分が良くなり、介護を受ける最愛の人との関係を傷つけるというフラストレーションに陥ることを避けることができる。

米国心臓協会(AHA)は、介助者を後押しする下記のような助言を行っている:
・可能であれば、10分程度、一人で歩く時間を見つける。
・リラックスでき、祈ったり、本を読んだり、音楽を楽しむことのできる静かな場所を家庭の中で決めておく。また、介護者が眠ったり、テレビを観たりしているときなどに、「自分」としての時間をスケジュール化する。
・静かな時間を介護者に邪魔されないようにする。リラックスする時間を取った後は、介護者に報いる。
(HealthDay News 4月16日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=637889
Copyright © 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ就寝前にリラックス!新しい香り「プリンセスナイトローズ」を発売/P&G
セシートタイプのボディメンテナンスアイテムを新発売
セリラックス度を測定し腹式呼吸の鍛錬をサポートする機器『リラックスキット』を本格展開/トライテック
関連ワードで検索
介助者リラックス
ソ今週のアクセスランキング
1.お茶の香りの貯蔵メカニズムを解明/サントリー食品インターナショナル
2.つっぱらないのが嬉しい酵素洗顔料、『肌極 はだきわみ』発売/コーセー
3.ヴィーナスモードのテレビ放送が2011年1月よりスタート
4.エステティック ミスパリより、足痩せサプリ発売
5.目もとと頬を輝きで彩るアイカラー、チークカラー新発売
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO