健康美容NEWSモバイル
海外ニュース

”ジャンクフード中毒”は現実的なもの


[2010/04/05]

肥満者がしばしば、「食事量を減らしたいと思っても食欲を満たすことを止めることできない」と口にするが、その説明が真実である可能性がラットを用いた新しい研究によって示唆された。

”ジャンクフード中毒”は現実的なもの

米スクリプスScripps研究所(フロリダ州)准教授のPaul Kenny氏らによる研究の結果、ベーコンやパウンドケーキ、キャンディバー、その他のジャンクフードなど高カロリー食の摂取を制限しない場合、ラットの体重は急増し、体重の増加に伴い、食餌が強迫行為となり、足に不快な電気ショックを受けるとわかっていても食餌を続けた。

一方、バランスのとれた健康的な食餌を与え、ジャンクフードの摂取を制限したラットでは、体重がさほど増加せず、電気ショックの事前の合図で食餌をやめることを知っていた。さらに、肥満ラットからジャンクフードを取り上げ健康的な食餌に換えると、肥満ラットはハンストに入り、2週間ほとんど何も食べようとしない、いわゆる自発的飢餓状態となった。

同氏らはこの結果がヒトに当てはまるかは不明としつつも、満足度の高い食品、例えばソーセージやチーズケーキ、その他の高加工食品は、満腹に関する脳の報酬系を変化させうると考えている。また、肥満ラットの脳を調べた結果、コカインやヘロイン中毒に関連するとされているドパミンD2受容体の減少が認められた。他のラットの脳でウイルスを用いて人工的にこの受容体を抑制したところ、ラットはジャンクフードを強迫的に摂取し始めた。

同氏は「今回のケースでは、薬物中毒様の適応のエビデンス(科学的根拠)が認められた。長期間かけて肥満になると、過食症になる際に大きな役割を果たすD2受容体が減少すると考えられる」と述べている。研究結果は、医学誌「Nature Neuroscience(ネイチャー神経科学)」オンライン版に3月28日掲載された。

米ボストン大学医学部嗜好障害研究所助教授のPietro Cottone氏は「脳の報酬閾値を変え、過食によって満足感が得られないという“悪循環”を生むものが蓄積脂肪自体にある可能性も考えられる」という。同氏らによる以前の研究では、高カロリー食を減らすと薬物やアルコールを中止したときと同一ではないが似た影響が脳に生じることが示されている。別の専門家は「次の問題は、脳のこれらの領域の調節障害になぜ個体差があるのか、さらに生物学的素因を有する人で、なぜある人は薬物に、また別の人はアルコール、さらに別の人は食物の中毒に至るかということである」と述べている。(HealthDay News 3月28日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=637430
Copyright (c) 2010 HealthDay. All rights reserved.

つぶやく
関連ニュース
セ「健康的な肥満」は存在しない?
セ肥満の人は心疾患の発症年齢が早い
セ小児期の喘息が肥満を促進する可能性
関連ワードで検索
ジャンクフード中毒ダイエット肥満
ソ今週のアクセスランキング
1.健康食品の電話勧誘販売している3事業者に業務停止命令(3か月)/消費者庁
2.しめつけ感軽減と巻きやすさを向上した血圧計が発売
3.卵白由来プロテイン「EAP-sport PLUS(EAPスポーツ プラス)」を本格展開/セティ
4.6/28機能性表示食品の届出情報(青い瞳《フジワラ化学》)等追加1製品を公表/消費者庁
5.歩行速度の低下は認知障害のサイン?
<jュース検索
新着 | 健康美容 | 海外ニュース | プレスリリース | 行政ニュース
 

健康美容NEWSモバイルTOP

【健康美容EXPO PC版】

お問合せ
Copyright(c)2007-2015 All Rights Reserved.
健康美容EXPO